開業前の準備としてホームページ作成を行うべき理由

開業前の準備としてホームページ作成を行うべき理由

開業前にホームページも作成しておこう

開業前は税務署に開業届と青色申告承認申請書を提出したり、都道府県事務所へ個人事業開始申告書を提出したりとちょっと面倒に感じる書面での手続きや、従業員の確保、備品の購入など事前準備にかかる時間が非常に多くなります。無事に開業を迎えるまではなるべくスケジュールを立て、必要なことをまとめた上で抜けがないようチェックして開業準備に取り掛からなければなりません。

しかし、いざ開業という時に来店客がいない、知り合いしかいない、ということになったらせっかくの新しい事業の門出が寂しいものになってしまいます。

どうやったら地域の皆さんに新しいお店をアピールできるのか。ここで役に立つのがネット上の営業の要ともいえるホームページの作成です。なぜ開業前にホームページの作成を行う方が良いのでしょうか。


理由1 開業前にお店の存在を知ってもらうため

開業前にホームページを作成した方が良い理由は、なんといってもお店の存在をお客様に知っていただくためです。

今や多くの人が、新しいお店や入ったことのないお店・病院などに行く際に、事前にネットで評判をチェックします。当然開業前のため口コミサイトなどでは情報を得ることができないので、お店の正確な情報をお客様に提供するためにもホームページの作成は有効な手段です。必要な情報が網羅されたホームページは、行ってみたいお店、楽しそうなお店という印象を与えることができます。

開業前にホームページを完成させておくことによって、開店記念サービスや、キャンペーン、各種割引サービス、新規顧客に対するポイントサービスなどの告知もスムーズに行えます。

ホームページにはお店の概要、料金、内外装のイメージ、サービス、アクセス、お問い合わせ先、などを明記し、積極的な認知拡大に努めましょう。


理由2 SEOが効くのに時間がかかるため

SEO対策とは、検索エンジン対策のことです。近くで美味しいお店、新しいお店などを検索するときは多くの人がYahoo!やGoogleなどの検索エンジンを利用して検索します。この検索エンジンで検索した時に自分のお店を上位に表示させるようにするテクニックをSEO対策と呼びます。

検索エンジンは信憑性の高いページ、内容が充実しているページ、人気の高いページほど上位に表示される仕組みになっており、競業店が多い場合は自店を上位に表示させるには試行錯誤が必要となります。

そして、一番大切なこととして、きちんとSEO対策を施したホームページであっても、対策の効果が生じるまでには時間が必要になります。そのため開業前からホームページを立ち上げておく必要があります。


理由3 開業前から外部との連絡方法を確保するため

開業前、開業直後は様々な業者さんとのやり取り、お客様からの問い合わせ、取材の依頼などがある場合があります。この時もホームページを立ち上げ、問い合わせフォームを作成しておくと便利です。

また、新規オープン店ということで地元のタウン誌や新聞社、コミュニティ放送のテレビ・ラジオ局などから取材申し込みがされることもあります。こうした取材は集客にとってプラスになるので、なるべく受けておきたいですよね。そうした「取材対象」として選んでもらうためにも、ホームページで情報提供し、問い合わせ先を用意していくことは欠かせません。


理由4 今後の運営のヒントを得るため

ホームページを立ち上げると、お客様が良く見ているページ、興味があるページなどのアクセス履歴をチェックすることで開業前からお店のどの商品がお客様に人気なのかを推測することが可能です。

写真で事前にお気に入りの商品にチェックして貰ったり、店内の一部の商品を販売可能にしたりすることでより積極的な商品の売り上げ予測を立てることができます。ホームページ全体のアクセス数もこまめにチェックして、写真の見せ方、キャッチフレーズの付け方を工夫して商品のイメージアップをはかりましょう。

ホームページを作ったら安心するのではなく、日々アクセス数をチェックすることによってお店や取り扱っている商品がどの程度注目されているのか確認してみましょう。あまりアクセス数が伸びない場合はSEO対策が十分にされていない危険性もあります。


まとめ

開業前は業者さんとの打ち合わせ、内装の準備、備品の準備など様々な準備が重なり忙しくなりがちですが、そんな中でもホームページを開業前に作成しておくべき理由を理解して頂けたでしょうか。また、開業前に作ることはもちろん、開業後も定期的に更新し、新たなキャンペーンを告知するなど作成した後の活用も大切です。

すでに開業しているけれども、ホームページをお持ちでない方や、新たに集客窓口を増やしたいという方はエキテン等のポータルサイトに登録するのも良いでしょう。ホームページと同じ役割を期待できます。WEBは工夫すれば無料で上手に情報発信出来る貴重な手段ですので、開業前から積極的に活用する意識を持っていきましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。