ポケモンGOを店舗集客に活用する5つの方法

ポケモンGOを店舗集客に活用する5つの方法

ポケモンGOが店舗の集客マーケティングに与える衝撃

アメリカで先行リリースされ、2016年7月22日、日本でもリリースされたポケモンGOは、大きな話題となっており、大人から子どもまで、幅広い世代が夢中になっています。スマホ片手に遊んでいる様子は、町中でよく見受けられますよね。

ただ、このポケモンGOは懐かしい「ゲーム」としてだけではなく、飲食店や美容院などの、個人店舗・小規模店舗のマーケティング活動としても効果が見込める「集客ツール」でもあるのです。


これだけは知っておきたい!ポケモンGOの特徴と人気の秘密

ポケモンGOの特徴についていくつか説明します。
この特徴こそが、ポケモンGOを世界中で流行させ、また集客・マーケティングツールとしても有効と言える理由です。


1. 外出せざるを得ない

ポケモンGOのプレイヤーの目的はポケモンを捕まえることです。それもなるべく「レアな」ポケモンや「強い」ポケモンを捕まえることです。そのためには自分にとって行った事の無い場所や、いつも行く場所とは違う場所に行く必要があります。つまり、ポケモンGOのプレイヤーは常に家を出て、町を歩くことになります。


2. 位置情報を使った拡張現実

ポケモンGOは拡張現実(AR)のゲームです。スマートフォン上に表示される「ポケストップ」や「ジム」が現実世界の公園やお店と結びついています。

ポケストップではモンスターボールやたまごなどの無料のアイテムが獲得できたり、ジムではポケモントレーナー同士がバトルすることができます。ポケストップやジムは、実際にその場所に行かないと使えないので、トレーナー達が集まる人気スポットとなっています。

さらに「ルアーモジュール」というアイテムを使うと、「ポケストップ」がもっと魅力的な場所に変わります。アイテムが投下された30分間、そのポケストップはポケモンが出現しやすくなり、またその効果はアイテムを使った人以外のも及ぶので、多くの人が集まることになります。


3. チームへの帰属意識

ポケモンGOでは全ての人が「赤」「青」「黄」の3つのチームから1つを選ぶことになります。これがそれぞれのチームへの帰属意識を高めたり、競争意識を高める仕掛けとなっています。


4. 話のネタに最適

これだけ日本中、世界中で話題になっているポケモンGOですから、知人同士の間での会話のネタにもなりますし、知らない人とでもポケストップで交流などがあるかもしれません。こうしたコミュニケーションを促進する、という点もポケモンGOの特徴です。


ポケモンGOを使った5つの店舗集客方法

こうした特徴を、店舗集客に活かしていくためにはどうしたら良いでしょうか。
以下に5つの方法をご紹介します。


1. ルアーモジュールを使う

ルアーモジュール

この画像が、ルアーモジュールを使った「ポケストップ」です。ルアーモジュールを使うとポケストップの色が変わり、花が舞うようになります。 この「ルアーモジュール」というのは、「ポケストップ」におけるポケモンの出現確率を上げるアイテムの事ですが、これは人間を「集客」するにも、とても有効です。

もし店舗がまさに「ポケストップ」であったり、「ポケストップ」でなくとも、その近くにあるお店だった場合、30分間効果がある「ルアーモジュール」を使う価値は存分にあります。おそらく、ポケモンとともに、多くの人間も集まってくることでしょう。

「ルアーモジュール」はポケコインというゲーム内通貨で購入することができます。
ポケコインは120円で100ポケコイン、1番条件の良い交換レートで11,800円で14,500ポケコインで交換できます。そしてルアーモジュールは100ポケコインで購入できます。

30分という短い時間ですが、約100円で集客施策を打てるのでとてもコストパフォーマンスが良いですよね。

レストランやカフェでは特に「ルアーモジュール」の効果が高そうです。なぜならポケモントレーナー達は、長い間外を歩き回り、のどが渇いていたり、小腹が空くことも多いからです。


2. チームへの帰属意識を活用しよう

トレーナーレベルが5になると、「赤」「青」「黄」の3つの中から1つのチームに所属することになります。この所属チームを集客キャンペーンに利用することも考えられます。

例えば、黄色チームの人限定で料金割引にする、であったり、青チームの人しか参加できないイベントを企画する、などチームとしての帰属意識を刺激したり、一体感を感じられるイベントを企画するとポケモントレーナー達が集まるでしょう。


3. お店の近くで獲得できるポケモンの情報を発信しよう

あなたのお店の近くでどんなポケモンが出現するか、ポケストップやジムはどの程度あるのか?などポケモンGO攻略のプチ情報を載せてみましょう。特に「レアポケモン」が出現した場合は、FacebookやTwitter等で積極的にアピールして拡散を狙っていきましょう。

FacebookやTwitterで投稿する際は、ポケモンの画像付きで投稿すると拡散されやすいのでおすすめです。その際は「#ポケモンGO」とハッシュタグをつけて検索で見つかりやすくすることも忘れずに行いましょう。


4. お店がジム、もしくはジムの近くであることをアピール

この方法は、もしあなたのお店が「ジム」であったり「ジムの近く」である場合のみ有効です。
もしお店が、そんな「ラッキーな場所」であった場合、まずはお店がポケモンの「ジム」であることをアピールしましょう。

ジムの支配競争をしているポケモントレーナー達は、ジムを支配するために少なくとも30分以上ジムリーダーと戦うことになります。そのため、お店で商品を購入してもらえる可能性も高まります。


5. 充電スポットを用意しよう

ポケモンGOは電池の消耗が激しいので、ポケモントレーナー達は、ポケモンGOで遊びながらも充電する必要があります。「店内でスマートフォンの充電ができます」という旨を外からも見やすく張り紙などしておくと、充電をしたいポケモントレーナー達を集めることができそうです。


まとめ

ポケモンGOはまだリリースされたばかりですし、多くのユーザーが使うようになるにつれ、様々な機能の追加・変更があることでしょう。今後のポケモンGOの進化も注視しつつ、上手に店舗マーケティング・店舗集客に活用していきましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。