一歩先の「イケてる」お店の集客術!新機能「Instagram Stories」を活用しよう!

一歩先の「イケてる」お店の集客術!新機能「Instagram Stories」を活用しよう!

Instagramから「Instagram Stories」という新しい機能が2016年8月に公開されました。Instagram Storiesは複数の動画や写真をスライドショーのように表示できるものです。お絵かきツールやテキストツールを使用してストーリー性のあるビジュアルメッセージを動画広告のように配信することもできます。

また誰が閲覧したかを計測することができるため、その効果を見ることもできるのです。そのためキャンペーンの告知などに活用して、集客のためのツールとして利用するのにも向いています。今回はInstagram Storiesの特徴や集客や販促のためのツールとして活用する際のポイントについてまとめてみました。


Instagram Storiesの使い方

Instagram Storiesの使い方はとても簡単です。まず左上の「+」印をタップしてカメラを起動させましょう。

Instagram Storiesの起動

カメラが起動したら真ん中の「○」をタップして撮影します。動画撮影をする場合は「○」を長押しします。撮影が終了すると画面下中央に「チェックマーク」のアイコンが表示され、これをタップすればStoriesへの投稿が完了です。

このまま投稿することもできますが、画面の右上に表示される「ペンマーク」と「Aa」で撮影した画像を加工することもできます。「ペンマーク」をタップするとお絵かき機能、「Aa」をタップするとテキストを入力することが可能です。お絵かきまたはテキストの入力が終わったら「完了」をタップしましょう。編集完了すると画面下中央に「チェックマーク」が表示されますので、これをタップすればStoriesへの投稿が完了です。


Instagram Storiesをお店の集客や販促に利用するメリット

Instagram Storiesをお店の集客や販促に利用する際のメリットについて考えてみましょう。

まず、投稿されたStoriesは、フォロワーのフィードの一番上に丸いアイコンで表示されます。とても目立つ位置にあるためフォロワーの目に留まりやすく、高い確率でタップされることが期待できるのです。

また、Storiesは動画やスライドショー形式で配信できるため、広告として配信するのにも向いています。テレビCMのような動画を配信することもできますし、手軽に撮影したお店や商品に関する情報を配信することもできるでしょう。お絵かき機能なども利用すれば、若年層を引きつける新しいコミュニケーションツールとして活用することができます。

Storiesの特徴として、その投稿を誰が視聴したか人数と閲覧ユーザーを計測することができることがあります。そのためフォロワーの関心度を把握して次の投稿に活かすことも可能です。Instagram Storiesは投稿後24時間で自動的に消えてしまうので、気軽に新しい投稿をすることができます。そのためテスト的な投稿をしてユーザーの反応をみることや、時間が限られた情報発信に向いているといえるでしょう。


Instagram Storiesを集客に活用するためのアイディア

Instagram Storiesの特徴を踏まえたうえで、集客や販促のためのツールとしてどんな活用ができるか考えてみましょう。

前述の通り、Storiesは投稿後24時間で消えてしまうので、リアルタイムの情報やタイムリーな情報を配信するのに向いています。例えば毎日決まった時間に店舗の混雑状況を配信すれば、フォロワーにとってありがたい情報であり、接触頻度も増えて集客につなげることも可能です。

またStoriesをプッシュ通知の代用として利用する方法もあります。「本日のお得クーポン」「今日ご来店の方に○○サービス」のように、1日限定のクーポンやミニキャンペーンなどの情報を配信すればそれを見た人の来店も期待できるのです。このような情報は定期的に配信することでフォロワーのチェックも増えますので、集客効果も高まってくるでしょう。

Storiesは開店準備の様子などお店の裏側を見せるのにも向いているといえます。ユーザーが普段見ることのできない店舗の裏側などの情報はファン受けがよいので集客のきっかけにもなるのです。

また動画広告を試しに出してみるのもおすすめです。24時間で自動的に消えてしまうので、クリエイティブの質にそれほどこだわらずに手軽にチャレンジすることができます。フォロワーの反応を把握できるので、次の動画広告に活かすこともできるでしょう。また反応がよかったものをプロフィールに投稿すればSNSでの拡散も期待できますので、新規客の獲得にもつながります。


お店や企業の利用が少ない今こそおすすめ!

Instagram Storiesは集客にも使える新しいコミュニケーションツールです。まだ利用している日本のお店や企業は少なく目立ちますので、タップしてもらえる可能性が高いといえます。Instagram Storiesの特徴である投稿後24時間で消えてしまうということは、逆にいうとトライしやすいということでもあります。失敗を恐れずにクーポンや動画広告などを積極的に投稿してみましょう。試行錯誤を繰り返すことで自店舗ならではの効果的なコミュニケーション方法が見つかります。どんな情報をどのタイミングで配信すれば集客につながるのかも見えてくるのです。まだまだ未知数な部分も多いInstagram Storiesですが、どんどんトライして集客につなげましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。