店舗集客に活用したい!Instagram(インスタグラム)の使い方

店舗集客に活用したい!Instagram(インスタグラム)の使い方

Instagram(インスタグラム)、利用していますか?

Instagram(インスタグラム)って聞いたことありますか?使っていますか? 毎日見てるし、投稿もどんどんしてるよ~!という方は、こちらの記事は用なしかもしれません。

全然知らない…
聞いたことはあるけど、FacebookやTwitterと何が違うの?
興味はあるけど、今さら使い方を人に聞けない…

そんな方は、是非ここでインスタグラムへの壁を取っ払ってしまいましょう。


Instagram(インスタグラム)とは、スマートフォンに特化した写真共有サービス!

インスタグラムとは、今、若年層を中心に爆発的に広がっている無料の写真共有SNSです。

Twitterのように、フォローしたり、されたりして、人とつながることができ、自分のタイムラインにはフォローした人の投稿が流れてきます。FacebookやTwitterのアカウントとも連携できます。

Twitterとの違いは、写真がメインであること。文章も投稿できますが、タイムラインにはスマホ画面いっぱいに広がった写真が1枚ずつ流れてくるので、自然と文字の存在感は小さくなります。投稿した文章やそれに対するコメントは写真の下に小さく表示される程度です。


Instagram(インスタグラム)はモバイル上でとっても使いやすい仕様

また、もともとモバイル専用のアプリとして誕生したこともインスタグラムの大きな特徴のひとつです。

FacebookやTwitterはPCのWEBサービスが発端。つまり、パソコンでの利用が先でした。その後、スマートフォンの普及と共にアプリ化されたものが今皆さんのスマホの中にあるのです。

一方で、インスタグラムは元々PCのWEBサービスとしてではなく、モバイル専用サービスとして誕生しました。その理由として、InstagramのCEOであるKevin Systrom氏は「お出かけ先で、リアルタイムに、リアルな世界で撮られた写真こそインスタグラムだから」と述べています。(出典:abcNEWS)この考えのもと、モバイル上でのユーザーの獲得、そしてさらなる改良が続けられ、今のインスタグラムがあります。そのため、モバイル経由の利用に最適な仕様になっているのです。


Instagram(インスタグラム)の利用者がTwitterを超えた!

インスタグラムは若い世代を中心に、利用者が急増中です。

2015年6月現在、日本の月間利用者数は810万人なんですが、これはなんと、1年前の2倍にもなるそうです。

さらに、全世界の月間利用者数は4億人にも達するそうですが、この勢いのあるインスタグラムに対してTwitterの月間利用者数は3.1億人

Twitterは140文字の短い投稿を共有するサービスとして人気があり、長年Facebookに次ぐ利用者数だったのですが、インスタグラムの成長率はTwitterをはるかに上回り、月間利用者数までをも抜いてしまいました。

また、インスタグラムユーザーの約7割は米国以外のユーザーです。新規ユーザ獲得に最も貢献している国はブラジル、日本、インドネシアだそうですよ。(出典:Forbes)国内のユーザー数は今後も拡大することが予想されますね。


フィルター機能を使えば、誰でも簡単におしゃれな加工が楽しめる

インスタグラムの人気の秘密は、なんといってもフィルター機能です。フィルター機能を使えば、誰でも、簡単に、おしゃれな写真を作れてしまえるのです。その手軽さご説明しましょう。


撮った写真がおしゃれになるまで。簡単3STEP!

1.写真を選ぶ!

まずは投稿したい写真を撮りましょう。投稿したい写真はインスタグラム内のカメラでも撮影できますし、既に撮ってある写真をスマホ内の画像フォルダから選択することもできます。

2.切り抜く!

写真を選んだら、投稿したい部分を切り抜きます。スワイプやピンチ(2本の指で大きくしたり、小さくしたり)など、片手の指先の簡単操作で好みの部分を切り抜くことができます。

3.フィルターを選ぶ!

次に、20種類以上あるフィルターの中からお気に入りを選びます。このフィルターを変更すると、写真の雰囲気がガラリと変わり、クールになったり、レトロになったり、シャープになったり。一気におしゃれでアートな写真に様変わりするのです。

従来の写真アプリのように、自分で色を補正したり、コントラストや温かさなどをひとつひとつ調節するのとは違い、手間いらずに加工が楽しめるのがインスタグラムのフィルター機能なのです。

あとは投稿するだけ!

おしゃれな写真はこれで完成。あとは、写真と一緒に投稿したい文章を入力し、投稿するだけです。


このように、単純3STEPで、おしゃれな写真をフォロワーと共有することができるのです。


おしゃれな動画もサクサク投稿できる

インスタグラムでは、動画も投稿することができます。

動画の長さは15秒間までと決まっていますが、すでに撮影してある動画のトリミング作業もアプリ内で簡単に行えます。事前に15秒間に切り取らなくても、長い動画を選択した後、その動画のどの部分を投稿するかをアプリ内で選ぶことができるのです。

また、写真同様、動画にもフィルター加工を行うことができます。

トリミングも簡単、フィルター加工も簡単で、手軽におしゃれな動画を投稿することができてしまうのです。


見た人からの反応はハートマーク♡

投稿した写真を気に入ってくれたフォロワーは、Facebookのようにいいね!コメントをくれます。インスタグラムでは、いいね!はハートマーク♡で表されます。


自分がフォローしている人が、他の人に対していいね!したものは、自分のタイムライン上には流れてきません。Facebookでは、自分の友達がいいね!したものがタイムラインに出てきますよね。既に見た投稿が何度もタイムライン上に流れてきたり、「友達の友達」という全く知らない人の投稿が流れてきたり…、この機能、Facebook上で煩わしく感じていた方も多いのでは…?
一方、インスタグラム上では直接フォローしている人の投稿しか流れてきませんし、タイムラインは完全時系列。昔投稿されたものが何らかの機能でまたタイムラインのトップに現れる、なんてことはありません。

このようなシンプルさもインスタグラムの人気の秘密かもしれませんね。


企業アカウントも続々開設。

簡単でシンプルな仕様で、Twitterの月間利用者数を上回り、今後もユーザー数の右肩上がりが予想されているインスタグラム。その利用は個人利用だけにとどまりません。

多くの企業がインスタグラムアカウントを持ち、ブランドのPRに活用しています。

そのいくつかをご紹介しましょう。

見ているだけでワクワク。東京ディズニーリゾート

動き出しそうなカッコいい車の写真がずらり。Honda

さすが、シンプルなのにおしゃれ感。無印良品

見てると帰りに寄り道したくなる。starbucks

コンビニっぽさを排除した画像が並ぶ。ローソン


この他にも企業のアカウントはたくさんありますので、まずは眺めてインスタグラムの感覚をつかんでみてください。(参考:Instagram人気ランキング


Instagram(インスタグラム)の登録はスマートフォンで。

インスタグラムは先程もお話ししたように、スマートフォンに特化したサービスです。そのため、アカウントの新規登録がパソコン上からではできません。(※PCから登録できる抜け道的方法も実はありますが、推奨されている利用方法ではなく、仕様変更などでできなくなる可能性もありますのでここでは説明を割愛します。)

ぜひご自身のスマートフォンから登録を行って、人気の秘密を体験してみてくださいね。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。