【ネット広告初心者向け】Facebook広告のポイント

【ネット広告初心者向け】Facebook広告のポイント

店舗のブログ代わりにFacebookページを活用している方も多いのではないでしょうか?
Facebookページは無料で利用できるサービスです。通常の個人アカウントと違い、本名以外での登録が可能なので、店舗名やサービス名などで登録することができます。

一方で、今回ご紹介するFacebook広告は有料のサービスです。 有料のものは極力手を出してこなかったという初心者の方にも、Facebook広告は運用しやすいものになっていますし、低予算からの出稿が可能です。まずはこの記事を読んで概略を理解してみましょう。


Facebook広告とは?

Facebook広告とは、Facebook内に表示される広告のことです。国内で2,500万人以上いるといわれるアクティブユーザーに対して、年齢や性別、興味関心で対象を絞り込んで広告を表示でき、「効果が高い」と注目されているサービスです。

Facebookのアカウントがあれば、個人・法人問わず誰でも出稿できます。出稿者は管理画面から簡単に配信の設定ができ、管理画面にアクセスできる環境があれば24時間いつでもどこでも広告の管理ができてしまいます。


Facebook広告はどこに表示される?

Facebook広告は、Facebookの基本画面である「ニュースフィード」に、まるで友達の投稿かのように表示されます。

アイコン右横にグレーの字で「広告」と表示のあるものを、友達の投稿かと思いながらじっくりと見てしまったことはありませんか?見る側が抵抗なく受け入れられるような、自然な形で広告を表示できるのも、Facebook広告の利点です。

PCからFacebookにアクセスした場合には、広告エリアとよばれるニュースフィード右側にも広告が表示されています。

広告の出稿者は、広告をどこに表示させるかも自由に設定することができます。PC右側枠には表示しない、という設定や、スマホで見ている人にのみ広告を表示する、という設定もできます。

ニュースフィードに広告を表示させるためには、お店のFacebookページが必要です。Facebookページがなければ、PC版Facebookの右側広告枠にしか、広告を出すことはできません。

お店のFacebookページをまだお持ちでない方は、無料でつくることができますので、あらかじめ作ってしまいましょう。


初心者にもやさしいFacebook広告のポイント① ターゲット選定が簡単

Facebook広告はターゲティングが簡単です。Facebookの実名性による信憑性の高いプロフィール情報をもとに、年齢・性別・職業だけでなく、学歴や趣味、関心に合わせてターゲットを絞り、広告を配信することが出来るのです。

どの店舗様もお客様になり得る層はある程度決まっていることでしょう。お店のコンセプトや商材によって、若い女性向け、中年の男性向け、など想定客層はさまざまです。中年の男性向けサービスを宣伝するために、お金をかけて広告を配信しているのに、その広告が若い女性ばかりに配信されてしまったらもったいないですよね。Facebook広告なら、配信したい相手を選んで、効果的に広告を配信することができます。


初心者にもやさしいFacebook広告のポイント② 低予算での広告配信が可能

広告出稿と聞くと、高い費用がかかってしまうような気がしてなかなか手が出せない方もいらっしゃるでしょうが、Facebook広告は最低予算100円~の出稿が可能です。

予算の設定方法は2種類あります。「1日の予算」か、「通算予算」です。

「1日の予算」はいわゆるデイリー予算になります。100円と設定すれば、1日で100円を消化するように広告を配信してくれます。

「通算予算」とは、出稿者が決めた一定の期間内に決められた予算を消化するよう、広告を配信してくれるものです。

いずれも予算ですので、消化しきれない場合もあります。ここでは「予算の上限」を設定している、と考えるのがわかりやすいでしょう。

「1日の予算(デイリー)」で設定した場合は、毎日同じだけの費用が消費されることになりますが、「通算予算」で設定した場合は、1日あたりの予算消費額はバラバラになります。


初心者にもやさしいFacebook広告のポイント③ スマホで撮影した画像でも効果的

Facebook広告を出稿するには画像が必要です。自分には、広告で使用できるようなクオリティの高い画像は用意できない、と思われる方も心配しないでください。

FacebookはFacebook広告の出稿者向けのサービスとして、写真素材を用意しています。自分で撮った写真や自分で作った画像は心配、という方でも、Facebookが用意した画像を無料で利用することができるので安心です。

また、Facebook広告の面白い点は、クオリティの高い広告画像が必ずしも効果的とは限らない点です。Facebook広告がFacebookのニュースフィードに配信されたとき、まるで友達の投稿かと思って目にとめてしまうのは、誰もが撮影できるスマホで撮ったような写真なのです。

やけにクオリティの高い画像ですと「広告」であることが一目瞭然になってしまい、抵抗を感じる方もいます。抵抗感なくニュースフィードに馴染めるのは、スマホで撮影したような画像だと言われています。


おわりに。Facebook広告とリスティング広告の違いを知っておこう

最後に、Facebook広告とリスティング広告の違いについて、簡単にご説明します。

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに表示されるもので、広告を見る人、つまり検索者は欲求がしっかりしています。

例えば、「五反田 料理教室」と検索した人に、五反田にある料理教室の広告を表示させるのがリスティング広告であり、検索者が探したキーワードの結果として広告は表示されます。

一方でFacebook広告は、年齢・性別や興味で、見せたい相手を絞り込んで表示されるものです。検索エンジンを使っている人ではなく、友達の投稿を見ようと思って、自分が何か新しい投稿をしようと思って、そんな思いでFacebookを開いた人に、広告が表示されます。

つまり、欲求をまだ感じていない、もしくは気付いていない相手に、広告を配信することになります。そのため、まずは広告に興味を持ってもらうことが大切になってきます。

見込み客は新しい趣味を探している人かもしれません。料理をしたいと思っていたわけではないけれど、Facebook広告を見たことによって料理に興味を持つかもしれません。

広告の配信ターゲットを五反田近辺の20代女性に絞り、「五反田の料理教室」の広告を見てもらうことによって、その人の新しい趣味が料理になるかもしれません。

広告規制がある業種の方は注意が必要ですが、有料のWeb集客を試したことがない方はもちろん、既にリスティング広告を運用している方も、新しい見込み客に働きかけるために、Facebook広告を始めてみてはいかがでしょうか。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。