自宅サロン(プライベートサロン)を開業・集客するメリット・デメリット

自宅サロン(プライベートサロン)を開業・集客するメリット・デメリット

ネイルサロンやエステ店などでは、自宅兼サロンとして開業している店舗が見受けられます。こうした自宅サロン(プライベートサロン)を開業するメリット・デメリットや自宅サロンの集客方法について解説します。


自宅サロン(プライベートサロン)を開業する4つのメリット

自宅でサロンを開業するメリットには次のようなものがあります。


1. 開業資金が少なくてすむ

お店を構えようとすると敷金や礼金が必要になりますし、改装費などにも大きなお金がかかります。でも自宅で開業すれば、このような開業資金を抑えることができます。


2. 支払家賃の削減

開業当初の資金繰りを考えた場合、固定費負担(家賃や人件費)はなるべく少なくするのが定石です。自宅でサロンを開業することで、月々の家賃負担が無くなり、経営が安定しやすくなります。


3. 時間を有効に使うことができる

自宅で開業すれば通勤する必要がないため、通勤時間の削減ができます。また、子育てや家事をしながら自分のペースで仕事をすることもできます。


4. アットホームな雰囲気を作りやすい

テナントビルの店舗などとは違って、「隠れ家」的なイメージがあるので、自宅ならではのアットホームな雰囲気の中でお客様にくつろいでもらうことができます。


自宅サロン(プライベートサロン)を開業する4つのデメリット

自宅でサロンを開業する場合は上記のようなメリットもありますが、デメリットもあります。

1. 目立つ看板を掲げにくい

サロンの場所が住宅街であれば目立つ看板を掲げるのも難しいです。そのため、サロンがただの住宅ではなく「お店」であることを知ってもらう努力が必要になります。


2. 仕事とプライベートのメリハリがつけにくい

自宅でサロンを開業すると時間を自由に使えるだけに、仕事とプライベートの切り替えが曖昧になり、メリハリがつけにくく感じる人もいるでしょう。


3 . 生活感が出やすい

生活感が出やすいというデメリットもあります。
トイレや洗面所は、お客様と家族の共用になるでしょうし、料理の臭いが気になるかもしれません。アットホームな雰囲気と生活感とは別なものです。サロン用に使う部屋はプライベートでは一切使わないようにするなど、できるだけお客様に生活感を感じさせないように工夫することも必要になってきます。


4. 防犯対策をする必要がある

自宅の住所や連絡先をホームページなどで公開するとなると、一定のリスクが伴います。防犯カメラを設置したり、仕事とプライベートで使用する電話番号を別にするなどの対策はしておきましょう。


自宅サロン(プライベートサロン)集客を成功させる3つのポイント


1. ネットの口コミを利用する

自宅でサロンを開業しても、誰もその存在を知らないようでは、お客様に来店してもらうことはできません。まずはどんなサロンで、どんな先生が施術しているのかを知ってもらう必要があります。

そのために有効なのが、インターネットを利用した集客方法です。
無料で開設することのできるホームページやブログを利用して、上手くサロンの告知ができれば、コストをかけずに集客することが可能になります。

そして見逃せないのがネットでの口コミです。自宅サロンの場合、お店の様子が良く分からない場合が多いので、お客様はネット上で口コミを探そうとします。

その際にエキテン等の無料口コミサイトに登録しておくと、口コミが集まるだけではなく、口コミに返信できたり、写真や紹介文を掲載できたりと、ネット上での集客ポータルとして活用することができます。


2. サロンの様子が伝わるアットホームな写真を掲載する

自宅で開業したプライベートサロンの場合、外からサロンの中の様子を伺い知ることはできません。そのため、口コミでお店を知ってもらったとしても、サロン内の様子が分からなければ初回来店の障害になることもあります。

そこで大切になってくるのが、自宅サロンの様子が分かる写真を掲載することです。

写真は、構図や撮影の仕方によって印象が大きく違ってきます。入口側からや窓側からなど撮影する場所を変えて何枚も撮影してみましょう。また、正面からだけでなく、上からや下からなどアングルを変えて何枚も撮影し、その中から一番素敵に見えるものを選びましょう。

また、部屋や物だけでなく、お客様を施術している様子やお客様と談笑しているような「人」も入った写真を載せると、よりサロンの様子が伝わってアットホームな雰囲気になります。


3. スタッフの顔が見えるサロンにする

誰でも初めてのサロンに行く際のハードルは高いものです。特に自宅サロンの場合には、どんな人が対応してくれるのか分かりにくいので、不安になりがちです。でも事前にオーナーやスタッフがどんな人なのかを伝えることができれば、ハードルは下がってきます。

そのためには、ホームページやソーシャルメディアに顔写真を載せて、スタッフの顔が見えるサロンにしましょう。またスタッフのプロフィールも丁寧に紹介すると、安心して来店してもらえるようになります。

載せる内容はサービスや技術に関することはもちろんですが、趣味や特技なども載せるとより人柄が伝わりやすくなります。同じ趣味だから、同じ出身地だから、同じ年頃の子供がいるからなど、自分との共通点があると、お客様にはより親近感を持っていただけるようになり、集客につながります。


まとめ

自宅でサロンを開業することには、開業資金が抑えられる、家賃などがかからないという大きなメリットがあります。しかし告知しにくく、集客しにくいというデメリットもあります。賃貸住宅の場合は、現状の賃貸契約でお店としての利用がNGとなっていないか注意も必要です。

そして自宅での開業を選んだ場合、告知・集客を効果的に行うには、ホームページや口コミサイト、SNSを利用するのが近道です。サロンの様子やスタッフのプロフィールが分かりやすく伝わる情報を提供することを心がけて、ネット上で口コミを集めていきましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。