「モノ消費」から「コト消費」へ 訪日外国人客が次に狙うモノ

「モノ消費」から「コト消費」へ 訪日外国人客が次に狙うモノ

訪日外国人消費、上昇続く見込み

先月半ばに、2015年の訪日外国人観光客数が観光庁より発表され、その数なんと1973万7千人。そして、訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円だそうです。 2020年の東京五輪に向けて、この数字は更なる上昇を続けると予想され、政府や自治体も事業者がインバウンド需要を取り込みやすくするための政策を次々と打ち出しています。

★エキテンマガジン 参考記事
中国人、圧倒的爆買い。2015年のインバウンド需要動向を調査!
免税店になるには?インバウンド需要を取り込む最初のステップを解説


訪日外国人の消費形態の変化

「爆買い」をはじめ、訪日外国人客の消費額の多くを占めるのは買物代です。日本でモノを購入する、つまり「モノ消費」型なのです。
しかし、最近のトレンドとして、「コト消費」に対する需要が注目されています。


「コト消費」の意味

「モノ消費」が、買い物などによりモノを購入する形でお金を消費しているのに対して、「コト消費」はモノを購入しない消費のことをさします。つまり、サービスや体験にお金を消費するという意味です。今、インバウンド客に対して、サービスや体験を提供して、「コト消費」をしてもらおうという流れが出始めているそうです。
コト消費が注目される理由を、訪日外国人客側、日本側の双方向から探ってみましょう。


訪日外国人客にとっての「コト消費」

訪日外国人客にとって、日本でしたい事は日本の歴史的建造物を見たり、伝統文化を体験したいということだけではありません。

Cool Japan(クールジャパン)という言葉をご存知の方も多いかと思いますが、今の日本のファッションやアニメ、漫画、ゲーム、音楽は世界的に根強いファンを持っているのです。
「今、日本の若い子たちがやっていることをそのままやりたい」「日本の若者に人気なことを知りたい」という欲が、コト消費に繋がっています。
例えば、テーマパークで遊んだり、日本のネイルサロンに訪れたり、美容院、エステ、マッサージを利用するなどです。

ある中国人によると、整形をしに日本に来るケースもあるんだとか。価格的には中国の方がお手頃そうですし、韓国の方が整形文化のイメージがあります。しかし、日本には、「安心、安全、確実」というイメージを持っていて、多少値が張っても、日本を選ぼうという気持ちがあるようですよ。ネイルサロンや美容院に対しても、同じような需要があり、さらに日本人特有の細やかさを期待して、美意識の高い観光客が日本のサロンを利用するようです。


日本が「コト消費」を促すメリット

日本側にとってのメリットは何でしょうか。この場合の日本とは、政府をはじめとする、訪日外国人客を増やしたい日本、インバウンド消費額を上げたい日本を指します。それは日本へのリピーターを増やすためです。
訪日外国人客が急増している今、新規の訪日客を呼び込むことも大切ですが、リピーターを増やすことも重要視されています。

観光庁によると、観光やレジャー目的で日本へ訪れた人たちの日本への来訪回数は 、「1回目」と答えた人が 44%と最も多くなっていますが、「2 回目」と答えた人も 17%以上を占めています。また、「10 回目以上」の人も 9.3% となっていて少なくない割合だと言えます。

また、日本での旅行の満足度も尋ねていて、「大変満足」、「満足」と答えた人は9割を超えます。日本滞在中にしたことごとの満足度も集計しているのですが、一番満足度が高かったのは「日本のポップカルチャーを 楽しむ」こと。実際に日本のポップカルチャーを楽しんだ人は、インバウンド客全体の1割程度でまだまだ少ないのですが、体験した人のほとんどが満足してくれているようです。そして、「日本へまた来たいですか?」の問いに、「必ず来たい」 「来たい」と答えた人も9割を超えています。

現状は、リピーター客を取り込める日本旅行を提供できているようですね。
今後も、訪日外国人客に対するリピート欲を喚起できるように、店員の多言語対応化などが進む「モノ消費」対策だけでなく、「コト消費」にも力を入れる必要があるようです。

ネイルサロンや美容院、リラクゼーションサロンなどの「コト消費」を提供している店舗経営者のみなさん、インバウンド客向けのプランの用意などをしてみてはいかがでしょうか。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。