保存版!集客のネタになる2017年販促カレンダー

保存版!集客のネタになる2017年販促カレンダー

お店の集客のために効果的なのが季節のイベントを活用した販促策です。バレンタインや母の日、ハロウィン、クリスマスなど季節のイベントを意識した販促キャンペーンや品揃えを行うことでお客様の注目率も高まります。季節のイベントにあわせた販促キャンペーンを継続して行うことで、いつも何かやっている楽しいお店として大きな集客効果が期待できるのです。また、一度行うと次年はそれを改善することで、さらに集客効果を高めることができます。季節のイベントを上手く活用するためには、各月のイベントや行事を事前に把握して計画を立てることが重要です。年間の販促計画を立てることで、より集客効果も高まります。お店にピッタリなイベントや行事を選び、集客したいお客様に合わせた販促策を立案することが重要です。そこで、集客や販促のネタになる祝日や年中行事などのキーワードをまとめました。ぜひ、お店の販促策を計画する際の参考にして集客に役立ててください。


1月:お正月&成人式

年の初めのお正月は大きなイベント、福袋やお年玉プレゼントなどを企画すると集客につなげやすくなります。また、成人式などの祝い事の多い月でもあるので、グループでの飲食やお祝い品の需要も高まる時期です。

【祝日】元旦、成人の日
【年中行事など】お正月、成人式、七草粥、センター試験、旧正月(~2月初旬)


2月:バレンタインデー

2月は購買意欲が落ちて売れない時期といわれますが、バレンタインデーという大きなイベントがあります。カップルで来店したお客様に特別なサービスを提供するなどして集客につなげましょう。

【祝日】建国記念の日
【年中行事など】節分、バレンタインデー


3月:新生活準備&送別会

入学や就職などの新生活準備のため、家電や家具の需要が高まる時期です。花見や送別会など宴会の機会も増えるため飲食店にとっては集客のチャンスでもあります。

【祝日】春分の日
【年中行事など】ひな祭り、ホワイトデー、春のお彼岸、卒業式、お花見(~4月初旬)、確定申告


4月:新生活スタート

入学式や入社式などの新生活が始まる時期でもあり、生活用品の需要が高まります。下旬にはゴールデンウィークも始まるため旅行や行楽用品の需要も高まる時期です。

【祝日】昭和の日(GWスタート)
【年中行事など】入学式/入社式、新年度、エイプリルフール


5月:ゴールデンウィーク&母の日

大きなイベントとしてゴールデンウィークがあり、旅行や帰省など人が大きく動く時期です。母の日もありますので、プレゼントなど母の日をテーマにした企画で集客を図りましょう。

【祝日】憲法記念日、みどりの日、こどもの日
【年中行事など】GW、学校によっては運動会シーズン、端午の節句、母の日


6月:父の日&衣替え

父の日のプレゼント用品や父の日限定メニューで集客を図りましょう。夏用品が動き出す時期でもありますので、早めの施策が売上につながります。また、梅雨時期に入りますので雨の日の集客対策も重要です。

【祝日】なし
【年中行事など】衣替え、梅雨(~7月)、夏至(21日)、父の日、ジューンブライド


7月:ボーナス&お中元

6月にボーナスが出る企業が多いため、高額な商品も売りやすい時期です。お中元の時期でもありますので、ギフト商品を工夫することで売上増につなげることも可能になります。

【祝日】海の日
【年中行事など】七夕、お中元、夏休み、夏の高校野球都道府県大会、海開き・プール開き、土用の丑の日、花火大会(~8月)


8月:お盆&夏祭り

お盆があり、旅行や帰省など人が動く時期なので、行楽や娯楽の需要も高まります。花火大会や夏祭りなどもあるため、お祭り感のあるイベントが集客のため効果的です。

【祝日】山の日
【年中行事など】旧暦の七夕、立秋、夏休み、夏の高校野球、お月見(十五夜、9月のところも)


9月:敬老の日&シルバーウィーク

敬老の日がありますので、プレゼントや敬老の日をテーマにした施策で集客を図りましょう。シルバーウィークがあるため旅行や行楽用品の需要も高まります。

【祝日】敬老の日、秋分の日
【年中行事など】秋のお彼岸、学校によっては運動会・文化祭(学芸会)シーズン、「○○の秋」(~10月くらいまで)


10月:ハロウィン

日本でもすっかり定着したハロウィンは、10月の大きなイベントです。仮装して来店したお客様にプレゼントを提供するなど、ハロウィンをテーマにした企画で集客につなげましょう。

【祝日】体育の日
【年中行事など】ハロウィン、衣替え、紅葉狩り


11月:七五三&ボジョレーヌーボー解禁

11月の大きなイベントとして七五三があります。七五三と連動した子供向けの施策を行うと集客も期待できるでしょう。ボジョレーヌーボー解禁もありますので、飲食店であればお祭り感のあるイベントも可能です。

【祝日】文化の日、勤労感謝の日
【年中行事など】七五三(寒冷地では10月のことも)、大学学園祭シーズン、ボジョレーヌーボー解禁


12月:クリスマス&年越し準備

最大のイベントでもあるクリスマスがあり、プレゼントはもちろんパーティや忘年会などの需要も高まります。新年に向けての準備のためのお正月用品やボーナス支給で家電などの高額商品も売れる時期です。

【祝日】天皇誕生日
【年中行事など】クリスマス、忘年会、大掃除、年越し


お店の業種や業態に合わせて早めに集客戦略を練りましょう

お店の安定経営のためには、お客様に継続して来店してもらうことがとても重要です。季節のイベントはお客様のニーズも把握しやすいので、お店にとってチャンスでもあります。プレゼントや限定メニューなど工夫次第で大きな集客効果が見込めるでしょう。そのためには、お店の業種や業態、お店の雰囲気に合わせて集客、販促戦略を練ることが大切です。どのイベントで、どのお客様にどんなアピールをするのかが集客に影響します。間際になってから慌てて行っても良い結果には結びつきませんので、2~3か月前くらいから準備を始めるようにしましょう。季節のイベントを繰り返して行えば、確実に集客に貢献してくれるのです。毎月の実施は無理だとしても、2~3カ月に1回ぐらいを目安に継続して行いましょう。継続して行うことでSNSなどでも拡散されやすくなり、口コミでの集客効果も期待できます。今回紹介した販促カレンダーの年中行事やイベントを参考に販促戦略を練りこんで、お客様をどんどん呼び込みましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。