初節句をSNS映えするプチ贅沢に!フォトスタジオのひなまつり集客術

初節句をSNS映えするプチ贅沢に!フォトスタジオのひなまつり集客術

3月3日は桃の節句。ひな人形やちらし寿司などでのお祝いは昔からの定番ですが、最近では写真館・フォトスタジオで初節句の写真を撮る家族も増えています。今回はひなまつりなどのイベントをきっかけにフォトスタジオに集客するための施策について解説します。


こんなに変わった写真に対する意識

スマホを使って誰もが簡単に写真を撮ることができるため、写真に対する意識も以前とはだいぶ変わってきました。かつてはフィルム代や現像代もかかるため「特別なイベントの記録」として撮影されましたが、スマホやデジカメの普及に伴い日常を切り取るものになってきたといえるでしょう。

また、写真は家族や友人などごく限られた人にのみ見せるものでしたが、SNSに投稿して公開するものになってきました。SNSに公開することで撮影した時の状況や感情を共有するツールに変化してきたのです。そのためどれだけ「SNS映えするか」ということが、写真のポイントになっています。

初節句は両親はもちろん祖父母にとっても「かなり特別なイベント」です。いつもSNSにアップしている写真よりも格段にSNS映えさせたいと考える人も多いでしょう。この点に訴えかけることで、フォトスタジオへの集客を図ることができます。初節句の記念撮影を売るのではなく、SNS映えやSNS上で「カワイイ!」と反応してもらえる『コト』をアピールするのです。そうすれば「我が子の可愛い姿を見てほしい」「SNSで我が子の晴れ姿を公開したい」と思う両親の胸にも響いて集客が期待できるようになります。


ネットでどれだけ露出できるかがポイント

SNS映えを意識する人をターゲットにするのですから、ネットを使った集客は欠かせません。どれだけネットで露出させることができるかということがポイントになるでしょう。ネットの活用方法のひとつは、エキテンやGoogleマイビジネスなど検索に強いポータルサイトの利用です。

エキテンは無料でお店の情報を掲載できる口コミサイトです。地域名や駅名でそのエリアにあるフォトスタジオを検索することができるので、自分のお店の存在を全く知らない人にも見つけてもらいやすいというメリットがあります。また実際に利用したお客様の口コミが掲載されるので、口コミ効果での集客も期待できるでしょう。

Googleマイビジネスは、Googleが提供しているサービスで、無料でお店の情報や地図を掲載することができます。フォトスタジオの名前でGoogle検索した時には、それらが大きく表示されますのでクリックしてもらえる確立も高まるでしょう。

いずれのサイトにも共通して言えることですが、一度登録したからといってそのままにせず、季節のイベントや子供の成長に関連した行事に合わせてタイミングよく更新することも重要です。


SNSを活用して「SNS映えする写真」をアップしよう

ネット集客のためにはSNSの利用も必須です。自店のアカウントを取得し、そこに「SNS映えする写真」をどんどん投稿しましょう。それを見たユーザーから「このフォトスタジオならSNS映えするステキな写真を撮ってもらえそう」と思ってもらえれば大きな集客効果が期待できます。また、Instagramのハッシュタグを使えば、自店の作品集を作ることも可能です。例えば「#ひなまつり」「#七五三」などイベント別にハッシュタグをつけることで、イベントごとに写真を見ることもできるようになります。

また、どんな写真が「SNS映えする写真」なのか、その感覚をつかんでおくことも大切です。Instagramなどで、どんな写真が人気を集めているのかをチェックしましょう。小物の使い方や表情、動きなどプロのカメラマンから見たイイ写真とSNS映えする写真とは、ちょっとニュアンスが違うかもしれません。SNS映えする写真とはキレイでカッコイイ写真であると同時に、オシャレで豊かな生活をしていること、ステキな体験をしていることが伝わる写真でもあります。求められるのは笑顔の家族写真よりも「こんなにカワイイ!」「こんなに幸せ!」とSNSでよりアピールできる写真でしょう。


「SNS映え」と「プチぜいたく」が集客のカギ

消費が落ち込んでいると言われますが、ひな人形も高価格なものが売れており、特別なイベントにはちょっと贅沢する「プチぜいたく消費」の傾向があります。「いつもはスマホでの撮影だけど初節句はプロのカメラマンに」とプチぜいたくをアピールするのもよいでしょう。また、どれだけSNS映えするかということも来店のための大きな動機付けとなります。そこで「特別な初節句には特別にSNS映えする写真を」とアピールすれば、いつもはスマホで撮影し画像アプリでSNS映えする写真に加工している人の胸に響くでしょう。その結果として集客が期待できるようになります。そのためには、ネット上でどれだけ露出して見込み客の目に触れるかということが重要です。ここで紹介したポータルサイトやSNS以外にもブログや自店のホームページも活用して、露出をできるだけ増やすことが大切になります。そして「このフォトスタジオならSNS映えする写真を撮ってもらえそう」と思ってもらえるように、SNS映えする写真をどんどんアップしていきましょう。




エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。