色の与える心理的効果を利用して集客できる店作りをしよう

色の与える心理的効果を利用して集客できる店作りをしよう

お店の内装や外装にどんな色を使うかでお店の印象は大きく違ってきます。また色を変えることでお店の回転率や客単価に影響することも知られています。つまりお店をどんな色にするかで集客や売上に大きく影響するのです。安易に「この色が好きだから」と内装や外装の色を選んでしまうと後悔することにもなりかねません。今回は色がお店にどんな効果をもたらすのか、色の基礎知識やお店で活用する際のポイントとあわせて解説します。


色の基礎知識を知ろう

色をお店に活かすためには色についての基本的な知識を知っておくことが大切です。ここでは色の基本的な分類について紹介します。


暖色と寒色

見た人に暖かい印象を与えるのが暖色、涼しい印象を与えるのが寒色です。暖色は赤やオレンジ色、黄色などで見た人に興奮を与える効果があります。寒色は青や青緑、紺色などで見た人に落ち着きを感じさせる効果があります。


有彩色と無彩色

有彩色は赤、青、黄、緑など色味が感じられる色でカラー写真のような色を指します。これに対して無彩色は白、黒、グレーなど色味が感じられない色で、モノクロ写真のような色のことです。


明度と彩度

明度とは色の明るさを示す指標で、明度の高い色は明るく軽い印象、明度の低い色は暗く重い印象を与えます。彩度とは色の鮮やかさを示す指標で、彩度が高いと派手な印象になり、彩度が低いと地味な印象になります。


膨張色と収縮色

膨張色は膨張して大きく見える色のことで、暖色系の色や白がこれにあたります。収縮色は逆に小さく見える色のことで寒色系の色や黒が該当します。白の洋服より黒の洋服を着たほうが締まって見えるのもこの効果です。


補色

補色とは色相環(=色味の違いを環状にしたもの)で正反対に位置する関係の色の組合せのことで対照色や反対色と呼ぶこともあります。「赤と緑」「オレンジと青」などが補色の関係ですが、補色はお互いの色を引き立て合うので強く派手な印象です。


色が人に与える心理的影響を把握しよう

その色によって見た人にどんな心理的影響を与えるのかを把握しておきましょう。ここでは代表的な色とその心理的な影響を紹介します。


小さくてもよく目立ち、注意を引きやすい色です。セール品の価格や割引率の表示に使われることも多く「購買色」とも言われます。内装やインテリアに使用すると体感温度が上がる暖色効果も知られています。


温かみと落ち着きが感じられるためインテリアにも利用されることが多い色です。伝統や歴史が感じられる色でもあり、信頼感を与える効果もあります。


重厚感を感じさせる色で、明るい色と組み合わせるとその色をより際立たせます。収縮色ですので締まってシャープな印象になります。黒は高級感も感じさせるので、店舗の内装などにも使われます。


清潔さを感じさせる色で、ピュアな印象を与えます。膨張色ですので、内装などに使用すると空間を広く感じさせる効果もあります。


気持ちを落ち着かせる鎮静効果があり、集中力を高めるとも言われているのが青です。内装やインテリアに使用すると体感温度が下がる寒色効果も知られています。


自然の色でもある緑には緊張感を和らげてリラックスさせる効果があります。理性的な印象を与え安心や調和を感じさせる色です。


自分のお店で色の効果を応用してみよう

色の基礎と心理的影響を踏まえた上で、実際にお店でどう応用するかを考えてみましょう。


白を効果的に使って清潔感や上品さを演出

清潔感や上品さを印象付けたいなら白を基調にするのがおすすめです。白いクロスやリネン類を使用すると上品さが感じられますし、お客様にさりげなく「きちんとしなきゃ」という意識付けをすることもできます。またお客様の滞在時間が長くなる色でもありますので、お客様にゆっくり落ち着いてほしい場合にもおすすめです。


赤を効果的に使って回転率をアップ

赤は刺激的で落ち着きをなくす心理的影響があるので、お客様の滞在時間を短くしてお店の回転率を上げる効果があると言われています。そのためか、多くのファストフード店では赤が基調に使われています。赤は食欲を増進される色でもありますので、飲食店で効果的に使うと客単価アップにつなげることもできるでしょう。


白熱灯を使って温かみのある雰囲気に

店内の照明が蛍光灯ばかりだと、どうしても冷たい印象になりがちです。少し暖色寄りの色を発する白熱灯やLED電球を使うとお店の雰囲気も温かみのあるものになります。また料理を美味しく見せて食欲を増進させる効果もありますので飲食店にもおすすめです。


ホームページでも色の効果を意識しよう

色の効果は店舗の内外装だけでなく、お店のホームページでも意識しましょう。どんな色を使うかで印象も大きく違ってきますし、集客や売上にも影響するのです。例えば売上を上げたいと思って購買色の「赤」ばかり使えば、上品さは感じられなくなります。

まず見た人にどんな印象を与えたいのかをしっかりと決めましょう。「信頼感」「清潔感」「伝統」「新しさ」「情熱」など伝えたい印象を決めるとメインとなる色も決まってきます。そのうえで組み合わせる色を決めていくと良いでしょう。色がどんな印象を与えるのかをしっかりと踏まえてお店やホームページに反映していくと、お店の魅力が伝わりやすくなります。色の持つ特性を活かして、集客できるお店づくりをしていきましょう。



※色に対する感じ方には個人差があります。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。