スマホでカード決済できるサービスの比較

スマホでカード決済できるサービスの比較

はじめよう!スマホでカード決済

皆さまの店舗ではクレジットカード決済対応していますか? 消費者的観点から見ると、クレジットカード決済ができるお店だと財布の残額を気にしなくても良いし、ポイントも貯まるし、便利だと思いますよね。

ただ、以前は個人経営の店舗がカード決済を導入することは費用などの点で簡単なことではありませんでした。しかし近年、スマホに専用のカードリーダーを装着することで簡単にカード決済できるサービスが登場しており、費用も安く導入できるようになってきました。


店舗がスマホでカード決済を導入するメリット

1)客単価のアップ

お客さんが今所持する現金以上に購入・サービスの利用をすることができるため、所持金を気にせず安心して利用でき、客単価がアップする可能性があります。

2)集客効果

クレジットカード決済はポイントが付与されることが多いので、クレジットカードが使えないお店ということで敬遠されません。よって集客につながる1つの要素になります。

3)現金を取り扱う手間が減る

現金をやりとりするリスクが少なく済みます。
(会計時、多額の現金を数えたりすると時間もかかりますし、間違う可能性もあります。その手間を省けて正確な集金ができます)


店舗がスマホでカード決済を導入するデメリット

1)手数料がかかる

各社とも約3%程度、決済手数料がかかります

2)入金が即日ではなくなる

現金よりは入金は遅くなることになります。しかし即日入金のサービスもあるのでそこまで気にする必要はなさそうです。


スマホ決済主要3社のサービスを比較

コイニー

 コイニー

初期費用

カードリーダー19,800円
(4カ月以内に単月での総額30万円以上の決済でキャッシュバック)

決済手数料

3.24%

売上入金

最短で10-15日後

送金手数料

10万円未満200円
10万円以上無料

ここで紹介している3サービスの中では一番売り上げ入金までのタイムラグがありますね。


楽天スマートペイ

 楽天スマートペイ

初期費用

カードリーダー9,800円
新規で導入の場合、4カ月以内に合計3万円以上の決済でキャッシュバック

決済手数料

3.24%

売上入金

楽天銀行→翌日に自動振り込み
(楽天銀行以外は振り込み指示の翌営業日)

送金手数料

楽天銀行の場合は振り込み手数料無料 楽天銀行以外は手数料210円必要

楽天銀行に口座を持っている場合は、自動で翌日に入金され手数料も無料とかなり便利だなという印象です。

スクエア

 スクエア

初期費用

カードリーダー4980円だが同額までの決済手数料を都度還元!よって実質無料!

決済手数料

3.25% (カード情報直接入力で3.75%)

売上入金

みずほ銀行or三井住友銀行なら翌営業日
そのほかの銀行口座なら毎週金曜日に入金

送金手数料

振り込み手数料はスクエア負担

振り込み手数料が無料なのが嬉しいですね。 カードリーダーも3つのサービスの中で一番安く初期投資が少なく済むのは魅力的です。


まとめ

いかがでしたでしょうか。
各社ともカードリーダー代は実質無料で導入できるので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。