あなたのお店にも行列を!ラーメン店の集客術

あなたのお店にも行列を!ラーメン店の集客術

国民食ゆえの厳しい競争を勝ち抜くためのラーメン店集客

手軽で美味しい食事としてラーメンの人気は高く、日本の国民食ともいえます。ラーメン店は比較的少ない資金で開業できることもあって参入する店舗も多く、競争はますます激しくなっています。特に都心部では、パート・アルバイトなどの時給上昇に伴い、人件費が利益を圧迫している傾向もあります。競合が厳しいなかで安定した経営を目指すためにも、集客に力を注ぐことが重要です。今回は、ラーメン店の効果的な集客方法について解説します。


狙うターゲットは時間帯に応じて柔軟に

ラーメンは、子供から年配の方まで、あらゆる年代層に人気の高いメニューですが、ほとんどのラーメン店は特にターゲットを絞ることもなく、客を奪い合っているのが現状です。そこで、時間帯でターゲットとするお客様を分け、そのお客様のニーズに応えることで集客を図ることが効果的です。


1.昼11〜13時に来店するお客様

サラリーマンにとっては限られた昼休みの時間ですので、素早くメニューを提供することが重要になります。あの店に行けばサッと食べられると思ってもらえれば、リピート客の集客につながるでしょう。またこの時間帯は、ラーメン店にとってピークタイムになりますので、少しでも回転率を上げることが売上増につながるのです。


2.13〜17時に来店するお客様

ラーメン店にとってはアイドルタイム(比較的お客様の少ない時間帯)になりますが、この時間帯にどれだけ集客できるかどうかで、利益は大きく変わってきます。例えば、学校帰りの学生などをターゲットに麺大盛無料やライスサービスなど、若者の空腹を満たすサービスを行うと集客を期待できるでしょう。


3.17時以降に来店するお客様

来店客数の少ない夜の時間帯は、居酒屋のように利用してもらうという方法もあります。ビールと餃子のセットなど、おつまみセットのようなメニューを用意したり、居酒屋メニューのような単品料理を増やしたりすることで、従来とは違った客層を取り込むことも可能になります。


お店の混雑状況や特典を積極的にSNSで発信しよう

今やラーメン店にとっても、FacebookやTwitter、LINEなどSNSを使った情報発信は欠かせません。SNSを上手く利用すれば、コストをかけずに集客することが可能です。例えば、毎日ランチタイムにはお店の混雑状況を発信するようにすれば、お客様にとってはありがたい情報になりますし、来店へのきっかけにもなります。特に「あと10食で終了です」のような限定性をアピールした書き込みは、来店を促す効果が高い方法です。また、雨天で客数が少ない時やアイドルタイムなどに「トッピング無料サービス」などの情報をタイムリーに発信することで、集客につなげることができます。SNSには高い拡散力がありますので、これらの情報が拡散されたり、口コミが広がったりすることで新規客の来店も期待できるようになるのです。

SNSを活用するうえで大切なことは、なるべく多くのSNSを利用することと情報発信を継続することです。数回やって反応がないからとやめるようなことはしないで、継続して情報発信することでたくさんの人の目にふれるようになります。根気強く続けていきましょう。


行列を自ら作り出そう!

人は誰でも行列ができているお店を見ると、つい入りたくなってしまいます。特にラーメン店の場合は「美味しいに違いない、どんな味だろうか?一度食べてみたい」と強く惹かれるのです。ですから、意識して行列を作ることが、新規客を呼び込むためにはとても有効な集客方法になります。行列はお客様が驚くほどのメリットを提供することで、自ら作り出すことができるのです。例えば「通常750円のラーメンを限定100名様に100円で提供」のように、並ばないのはもったいないほどのメリットをアピールすれば、行列を作り出すことができます。この様子をSNSで配信すれば、行列のできるラーメン店として認知してもらえるようにもなるでしょう。さらにここで、来店したお客様に割引券や餃子無料券などを配布すれば、再来店にもつなげることが可能です。

もちろん、値下げ販売した分のコストは余分にかかってしまいますが、通常価格の750円から原価が仮に250円だとして、「限定100名様にラーメンを100円で提供する」ことにかかるコストは15000円ほどです。チラシなどの広告にお金をかけるよりも低コストで効果の高い集客方法になり得るでしょう。


繁盛店のヒミツを探って集客に活かそう

ラーメン店に集客するための方法を考えるにあたっては、繁盛店を調査することはとても参考になります。味はもちろんですが、どうしてそのお店に行列ができているのか、どんなメニュー構成なのか、スタッフの対応レベルなど、参考になることはたくさんあるはずです。

例えば、女性客を増やそうと思えば女子ラーメン店を調査するのがおすすめです。ヘルシーなメニュー、女性が入りやすいお店の雰囲気作りなど、なぜそのお店が女性に選ばれているのかが見えてきます。行列のできるラーメン店を調査すれば、なぜ数あるラーメン店の中からそのお店が選ばれているのかが分かるでしょう。自店を行列のできる店にするためのヒントがきっと見つかります。

また、ラーメン店以外の繁盛している飲食店にも、参考になることはたくさんあるのです。まだ他のラーメン店ではやっていないことを先取りするヒントにもなるでしょう。繁盛店で参考にしたことを自店の味やサービス、スタッフ教育に上手く活かすことができれば、集客にも大きくつながります。


ラーメン店集客のアイデアは無限大

ラーメン店に集客するための方法は、工夫次第でたくさん考えることができます。特にアイドルタイムにどれだけ集客できるかどうかが利益を上げるカギになりますので、時間帯によってターゲットを絞り込んだサービスやメニューを提供することが効果的です。また、拡散力のあるSNSは、コストをかけずに集客することができるので上手く活用しましょう。店主の誰もが夢見る「行列」はできるのではなく、作り出すものです。お客様が驚くサービスを提供して、積極的に行列を作り出すことが新規客の集客につながります。また、繁盛店を調査して参考になったことを自店に取り入れることも大切です。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。