ネット広告の費用とその効果【基礎編】

ネット広告の費用とその効果【基礎編】

ネット広告って良く分からないという人へ

ネット広告は種類がたくさんあって何を導入するか良く分からないですよね。そこで今日はネット広告の費用とその効果について解説したいと思います。この記事で解説するのは、アフィリエイト広告、リスティング広告、動画広告、行動ターゲティング広告、ソーシャルメディア広告(facebook広告とtwitter広告)です。


アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とはアフィリエイター(ブログなどを書いている人のことです)のブログで自社が広告したい商品を紹介してもらい、そのブログから資料請求や商品の購入などの成果があった時点で、費用が発生するという仕組みの広告です。

メリットとしては成果がなかった場合は費用もかからない成果報酬型であるという点があげられます。デメリットとしては、アフィリエイターさんも成果を上げるために、成果につながりやすいブログを見る人が興味を持ちそうだと思う商品を紹介するので、広告したい商品自体の魅力が薄い場合には、広告を掲載してもらえず、望んだ効果が得られない可能性もあるという点です。


リスティング広告

リスティング広告とはYahoo!やグーグルなどの検索サイトでユーザーが検索した際に、 検索したワードに応じて、検索結果の上方や右側に表示されている広告のことです。 たとえば、「五反田 整体」で検索した場合、上の方に広告が表示されると思います。これをリスティング広告と呼びます。

ユーザーの検索したキーワードに合わせて広告が表示されるので、興味関心度合いの高いユーザーに出会うことができるのが魅力です。費用は入札形式で、広告がクリックされるごとに課金される仕組みです。(=このクリックされるごとに課金される広告のことをPPC広告と言います)そのため人気のキーワードになるほど、広告費用は高くなってしまいます。


動画広告

動画広告はよくYoutubeなどの動画サイトを見ているときに見たことがあると思います。 株式会社テクナビのプランによると 10000回再生で82000円、1再生あたり8.2円で出稿できるようです。

しかし広告動画制作は別途必要になってくるため、そのコストも考える必要がありそうです。 費用対効果を考えると、動画広告を見た人の0.1%(10000回再生の場合10人)が購入する(コンバージョン)として、単純計算では1人当たり8200円の単価がないと費用にペイしないということになります。

ただ獲得した顧客がそのあとも自社の商品・サービスのファンになってくれた場合はその単価も安くなります。各社で費用対効果の検討をしましょう。


行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告とはユーザーのサイト閲覧履歴に応じて最適な広告を表示するものです。ユーザーがどのサイトを見たかを判断して、広告を出すことによって広告の効果を高めようというものです。例えば、旅行に行きたいと思って旅行サイトを検索していると、違うページを見ているときに、以前見た旅行サイトの広告が出てくることがあると思います。インターネットを使うユーザーの行動に合わせて(狙い撃ちして)広告をうつので、行動ターゲティング広告といいます。

余談ですが、行動ターゲティング広告は、もし自分以外にパソコンを見られた場合、広告によって自分がそういうサイトを見ているのかバレてしまうので、気恥ずかしいこともあったりします。笑 ご家族でパソコンを共有して使われている方はバレてはまずい内容は閲覧しないように注意しましょう。


ソーシャルメディア広告

facebook広告

facebook広告は14億人が利用するサービスfacebookに広告を掲載するものです。 facebook広告の特徴は自分で予算を決められる点が特徴です。

またユーザーの地域、年齢、性別、趣味・関心などの情報に基づいて広告を表示するので、 広告効果も期待できます。そんな私のタイムラインには婚活・出会い系サイトの広告が毎日流されてきます。(笑) さすがユーザーの交際情報まで把握しているfacebook!広告の確度が高いです!(笑)このようにユーザーの属性にあった広告を出すことができるのがfacebook広告の強みです。


twitter広告

twitter広告もfacebook広告と同様1日あたりの予算の最高額を設定し、最高額に到達すると自動で広告が停止される仕組みになっています。

twitter広告には
・プロモアカウント
・プロモツイート
・プロモトレンド
という3つの広告種類があります。

簡単に解説すると、プロモアカウントはtwitterのおすすめユーザー欄に表示され、ユーザーからフォローされたときに料金が発生するものです。

プロモツイートはタイムラインに広告が表示されるものです。リツイート、返信、お気に入り登録、またはクリックがあったときに料金が発生します。

プロモトレンドは現在のトレンドの一番上に表示されるというものです。プロモトレンドの料金については1日1社のみ420万円という情報を載せているサイトもありますが、twitterサイト上には詳細な料金については記載されていません。

いずれも表示数ではなくフォローやリツイートなどのアクション数で課金となっている点が良いですね。フォローやリツイートをしたということは何かしらの興味は確実に持っているので、広告効果は期待できそうです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。ネットの広告はテレビCMやラジオ・新聞広告と異なり数字で効果が分かるという点に特徴があります。まずはお試しで少額から試してみて、自社に一番合った広告手法を見つけていくのが良いのではないでしょうか。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。