中国人、圧倒的爆買い。2015年のインバウンド需要動向を調査!

中国人、圧倒的爆買い。2015年のインバウンド需要動向を調査!

2015年のインバウンド・訪日外国人数、ついに発表。

先日、2015年1年間で日本に訪れた外国人の数、つまり、「訪日外国人旅行者数」が観光局より発表されました。
その数は過去最高の1973万7千人
期待されていた2000万人には惜しくも届きませんでしたが、この数は前年比47.1%増で伸び率も過去最高となりました。 2014年の1341万人3千人を約630万人も上回ったのです。 ちなみに訪日外国人旅行者数は、震災後の影響を受けて一時的に下がってしまった2011年以降は連続で右肩上がりとなっています。これにともないインバウンド需要も増えています


インバウンド・訪日外国人数が増加した理由は?

このように訪日外国人旅行者が著しく増加している理由はなんでしょうか。 理由は1つではなく、観光立国実現のために行われた各方面からの動きが重なり合って、多くの外国人旅行者を迎え入れる国となりました。


日本へのアクセス手段増加と航空運賃低下

第一の理由としては、航空路線の拡大クルーズ船の寄港の増加によって、日本へのアクセス手段が豊富になったことがあります。

クルーズ船で日本に入国した外国人旅行者数も急激に増加していること、ご存知でしたか? 国土交通省によりますと、2015年の訪日クルーズ旅客数は約111.6万人で、これは前年の2.7倍にもなります。「2020年までに100万人」という目標を、大幅に前倒した達成となりました。

また、原油価格の下落により燃油サーチャージ代が値下がりしたため、以前よりも航空運賃が安くなりました。交通手段や数が増えた上に価格も下がったために、「この機会を逃したくない!」と思った外国人旅行者の方が多かったのではないでしょうか。


日本人旅行者にとっては苦しい…円安効果

そして、そんな中の円安です。
海外旅行に行きたい日本人にとっては痛手となった円安も、訪日外国人旅行者にとってはありがたいこと。外国人たちに円安による割安感が定着し、旅行先候補に日本が上がりやすくなったと思われます。


一部の国・地域に対するビザの大幅緩和

また、一部の国・地域に対するビザの大幅緩和も、訪日外国人数を増やす大きな要因になったと言えます。目立った例では、約1年前に、インドネシアに対するビザの免除、フィリピン・ベトナムに対する大幅な緩和が実施されました。

さらに、中国に対しても、昨年1月にビザの発給要件の緩和が行われました。 以前、ビザの免除を行ったタイやマレーシアは、ビザの緩和後に急激に訪日客が伸びていますので、今回のビザの緩和も大きな結果をもたらしたことが予想されます。(参照:観光庁


消費税免税対象の拡大と、消費税免税店舗の急増

2014年10月に消費税免税制度が変わり、従来対象になっていなかった消耗品についても免税が適用されることとなりました。これにより、全ての物品が消費税免税の対象になったのです。そしてそれを受けて、免税店になる店が多くなりました。街中でTax-Free Shopのポスターをよく見かけるようになりましたよね。今日本では、免税店の数が1年で約3倍になっています。 (参照:観光庁

(参考記事:免税店になるには?インバウンド需要を取り込む最初のステップを解説

反対に日本人旅行者は減少傾向に…

2015年は、1970 年以来 45 年ぶりに訪日外国人旅行者数出国日本人数を上回った年でもあります。
私も最近は海外旅行を我慢しているなあ、と実感される方もいらっしゃるでしょうか。
前述したような円安の継続を受けて、海外に訪れる日本人の数は減っているようですね。


インバウンド需要に応えなければもったいない。

訪日外国人旅行者たち。すごいのはその数だけではありません。
2015年の訪日外国人旅行消費額はなんと、3兆4771億円だそうです。年間値で初めて3兆円を突破し、前年2014年の2兆278億円から71.5%も増加しました。(参照:観光庁) …とはいっても、数字が大きすぎて、正直よくわからないですよね。

わかりやすい金額で見てみましょう。
先程、訪日外国人旅行者が1973万7千人になったとお伝えしましたが、この方たちの1人当たりの旅行支出は17万6168円だと言われています。この額なら、想像しやすいですね。
この数字は、2014年のデータより1万5千円ほど上がっていて、中国からの旅行者が2倍以上に増加したためだと考えられています。

中国からの訪日外国人旅行者が支出する額はなんと約28万円。他国の旅行支出額を大きく引き離しています。
旅行支出が多い国・地域のトップ3は以下の通りです。

1人当たりの旅行支出額TOP3

1位 中国     283,842円
2位 米国     175,554円
3位 香港     172,356円
全国籍・全地域  176,168円
(出典:観光庁


買物代は平均7万3,663円

旅行支出額には、宿泊料金、飲食代、交通費などさまざま含まれますが、中でも多くを占めているのが買物代です。

買物代の全体の平均は7万3,663円です。 みなさんはどうでしょう。海外旅行に行かれた際に、買物に7万円ほど使いますか?

そして、こちらでも中国から来た方たちの額が飛び抜けています。
買物代の国・地域別ランキングは以下の通りです。


1人当たりの買物代 TOP3

1位 中国     161,974円
2位 ベトナム   75,164円
3位 香港     72,145円
全国籍・全地域  73,663円
(出典:観光庁

TOP3はアジア、特に中国系が占めていますね。この3カ国の他も、アジア諸国では買物代の占める割合が最も多くなっています。一方で、欧米豪諸国では宿泊料金が高くなっているのです。 これは、アジア諸国の方たちの多くが買い物目当てで訪れており、比較的短期間だけしか滞在しないからだそうです。反対に、欧米豪諸国の人々は、長期間日本に滞在し、日本の歴史的建造物の観光や、伝統文化の体験などを目的に訪日する方が多いようです。


訪日外国人は日本で何を購入しているの?

平均7万円を買物代に費やす訪日外国人旅行者たちは、日本でいったい何を購入しているのでしょうか。
今回は、日本政府観光庁による2015年の10月から12月の集計結果(出典:観光庁)を参考にして紐解いていきましょう。


中国人旅行者には日本の化粧品が大人気

もっとも多くの人が購入しているのは「お菓子類」です。訪日外国人旅行者の6割以上の人が購入しています。コンビニなど、街中でいつでも購入でき、さらに日本らしさが体験できる手軽なお土産ですよね。

しかしこれは全国籍・全地域の平均です。
中国、台湾、香港の3つの国・地域の方では、全体1位の「お菓子類」より多くの人が購入しているものがあります。
それは、ドラッグストアにあふれる中国語の案内からも想像がつくでしょう…「化粧品・香水」や「医薬品・健康グッズ・トイレタリー」です。

購入率が高いもの1位~3位を国別に並べてみました。

全国籍・全地域 中国 台湾 米国
1位 菓子類 化粧品・香水 医薬品・健康グッズ・トイレタリー お菓子以外の食料や飲料
2位 お菓子以外の食料や飲料 医薬品・健康グッズ・トイレタリー 菓子類/お菓子以外の食料や飲料 菓子類
3位 医薬品・健康グッズ・トイレタリー 菓子類 服・かばん 和服・民芸品

国・地域別に、訪日外国人旅行者の購入品目を探ると、それぞれ特色があり、面白いですよね。 ドラッグストアに溢れる中国語表記の理由がデータの上でも示されていました。 遠く離れ、文化も異なるアメリカの方たちにとっては、日本の和服や民芸品も人気があるようです。

訪日外国人旅行者の数が急上昇し、さらなるインバウンド需要が見込まれる今、単に「外国人」とひとくくりにまとめて見るのではなく、国・地域ごとの特色を頭の片隅に入れて、インバウンド対策をしてみてはいかがでしょうか。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。