大安や仏滅は分かるけど…「赤口」の意味や読み方って何!?

大安や仏滅は分かるけど…「赤口」の意味や読み方って何!?

知ってるようで知らない六曜

普段何気なく見ているカレンダーや手帳の大安や仏滅といった文字。「結婚式は大安が良い」など気にする方も多いですよね。この文字は大安・仏滅の他に先勝、友引、先負、赤口を加えて六曜と言います。大安・仏滅・先勝・先負は意味を正確に知らなくともなんとなく推測できますよね。

でもちょっとまってください。「赤口?」口が赤くなる?ちがうちがうちがう。口が赤くなるなんて過去の人生一度もなかった。ではどういう意味なんだろう・・・?あと読み方。「赤口」ってどんな風に読むんでしょう?「あかぐち?」「せきぐち?」分からない…。そういえば友引もどういう意味?分かりそうで分からない…。ということで調べてみました。


赤口の意味と読み方

意味

三省堂 大辞林によると

「六曜の一。凶日。ただし,正午のみ吉。赤口日。しゃっく。」

要するに正午以外は非常に不吉な日ということです。
赤口が仏滅と同じくらい不吉な日とは知らない人も多いのではないでしょうか。

読み方

「しゃっこう」や「しゃっく」と読む場合が多いようです。他にも「じゃっく」や「せきぐち」と読むと紹介しているサイトもありますが、「あかぐち」とは読まないようです。気を付けましょう。


友引の意味と読み方

意味

三省堂 大辞林によると

「陰陽道(おんようどう)で勝敗なしとする日. *俗信で,他人も誘うとして,葬式はさけ,結婚式にはよいとする。」
朝夕が吉で昼が凶とされるそうです。

読み方

「ともびき」と読みます。「ゆういん」ではありません。


その他の六曜の意味と読み方

大安(たいあん)…万事に吉とする日とされる。

仏滅(ぶつめつ)…すべてに不吉であるとする日とされる。

先勝(せんしょう、せんかち)…午前中が吉で午後が凶。急用や訴訟に良い日とされる。

先負(せんぶ、せんまけ)…午前が凶で午後が吉、急用・訴訟によくない日とされる。


六曜まとめ

運気が良い順番は?

大安>友引>先勝=先負>赤口>仏滅 一般的に大安側の方が運気が吉。仏滅・赤口は運気が凶と言われています。


六曜の順番に規則ってあるの?

六曜は基本的には「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」→・・・
と順番にめぐっていきますが、たまにカレンダーを見るとこの順番の規則からずれている箇所があると思います。これは六曜が旧暦に対応して決まっていることから由来するズレであって、それ以上の理由があるわけではありません。


おまけ 2016年結婚式等に最適な祝祭日の大安一覧

3月12日(土)、4月9日(土)、5月3日(火祝)、5月8日(日)、5月14日(土)、6月5日(日)、6月11日(土)、7月9日(土)、8月7日(日)、8月13日(土)、9月4日(日)、9月10日(土)、9月22日(木祝)10月9日(日)、10月15日(土)、11月13日(日)、11月19日(土)、12月11日(日)、12月17日(土)、12月23日(金祝)

2016年は1月2月は祝祭日の大安がなく、3月から12月までで20日の祝祭日の大安があります。 祝い事などのスケジュール調整にお役立てください。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。