トイレが集客を左右する!?きれいなトイレで印象UP

トイレが集客を左右する!?きれいなトイレで印象UP

最近、綺麗でおしゃれなパブリックトイレが増えてきたと思いませんか?

通学通勤中やショッピングなどのお出かけ先で、思ったよりも綺麗で明るいトイレに出会えると気持ちが良いものです。特に新しいデパートやファッションビルはおしゃれな内装のトイレ作りに力を入れているような気がしますね。

私は女性なので男性トイレについては残念ながらわからないのですが、最近は植物があったり、鏡の前にふかふかの椅子が用意されていたり…トイレに来たはずなのに、まるでカフェに来たよう。と、ついつい長居してしまいそうなほどです。

小さめの飲食店や美容サロン、リラクゼーションサロンなど、個室が一室のみトイレであっても、明るく掃除が行き届いてて、おしゃれな備品があったりするとテンションが上がります。カフェなんかで綺麗なトイレに出会うと、一緒に来ている友人に「トイレきれいだから行ったほうがいいよ!!」と強制的に行かせています。

逆に、トイレが暗くて狭くて汚いとどうでしょう。駅のトイレなどは、一度入ってみたものの汚すぎて、我慢した経験が何度かあります…。「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などには、「東京駅に綺麗なトイレはありますか?」や「新宿駅で、落ち着いて入れるきれいなトイレはないですか?」といった投稿があるほどに、綺麗なトイレは求められているのです。


本当にトイレの綺麗さが集客を左右するのか

これだけトイレで一喜一憂するのは、私だけではないはず。

お店のトイレって集客のためにも結構重要なんじゃ…?ということで実際にTOTOが実施した「飲食店トイレについての意識調査」をもとに、トイレと集客の関係について考えてみたいと思います。

TOTOが行った調査によると、トイレが綺麗だとお店のイメージが良くなると回答した人は全体の約8割にも及びます。機会があればまた来ようと思うと答えた人も4割います。こんなところで本当にリピーターを掴むことができるのか、とお思いでしょうが侮れませんよ。トイレが綺麗だった場合、そのお店を誰かに紹介したくなる方や自信をもってすすめられると答えた方の割合も多いですね。つまり、一度来店したお客様が別の新規のお客様を呼び込んでくれるかもしれないということです。


飲食店のトイレについての意識調査

Q.あなたは、飲食店のトイレがきれいだとどのように感じますか?(複数回答)

お店のイメージがよくなる・・・・・・・・・79%
機会があればまた来ようと思う・・・・・・・39%
おもてなし感を感じる・・・・・・・・・・・33%
トイレがきれいなのは当たり前だと思う・・・29%
人にそのお店を自信をもってすすめられる・・24%
そのお店を誰かに紹介したくなる・・・・・・11%

出典:「飲食店トイレについての意識調査」TOTO調べ(2013) n=2000


本調査では、同時にお店選びの基準についてもアンケートをとっています。そこではなんと、10人に1人の人がトイレがきれいであることがお店選びの基準になると答えています。これは、料理のボリュームが多いことや他店にないオリジナルメニューがあることをお店選びの基準にしている人の割合と同等です。飲食店のメインは食事をすることですが、トイレもそれだけお客様の気持ちを左右させるということですね。


集客に効くトイレ作りのための3箇条

では、お客様を「おっ!」と思わせる、集客に繋がるトイレにするにはどうしたら良いのでしょうか。3箇条にまとめてみました。トイレはあまり意識してこなかったな、と思う方はぜひ実践してみてください。

1.掃除!とにかく掃除!

1番初めにやるべきはやはりこれでしょう。清潔なトイレ作りです。

髪の毛が落ちていたり、トイレットペーパーの切れ端が床に散乱していては印象がた落ち。トイレが汚いと、「他の箇所の衛生管理も悪いのでは…」とお客様に不安を与えてしまいます。反対に、きれいなトイレはきれいに使おうという思いを起こさせます。こまめなトイレ掃除で清潔を保ちましょう。

また、意外に見落としがちなのが、手を洗う水道まわり。水道まわりがびちょびちょでは、手を洗うために荷物を置きたくても置けませんよね。荷物を足に挟んで手を洗うことになります。特に女性はここでお化粧直しをすることも多いので、ポーチを置ける場所を確保するためにも、水道まわりの水はねにはご注意を。


2.荷物かけを用意して、細やかな心配りを。

個人経営のお店などでは、トイレの個室内に荷物の置き場がない場合が多いのではないでしょうか。

男性は貴重品をポケットに入れてノーバッグでお出かけされている方をよく見かけますが、女性は荷物が何かと多いものなのです。飲食店などでトイレに行く際でも、貴重品は持っていきたいし、化粧直しのためにポーチも必要だし、とかばんを持ち込みたいはずです。そんな中、かばんを床に置くことは、いくら清潔なトイレでもちょっと無理ですね。どうしても荷物を置ける場所がなくて、肩に鞄をかけたまま…という経験がある方もいらっしゃるのでは?壁やドアに張り付けられるタイプのフックなどを設置し、荷物がかけられるところを用意してくださると助かると思います。


3.備品を充実させて、とっておきの空間づくりを。

トイレに入って気分が良くなるのはやはり+αの工夫です。

おしゃれな芳香剤を置いたり、水道回りの石鹸を香りの良いものに変えてみるなどで印象が変わります。私が実際に出会った個人経営の美容室のトイレには、手を洗ったあとに使用できるハンドクリームが置いてあって嬉しかったですね。さらに、最近居酒屋のトイレなんかでよく見かけますが、お化粧直し用の綿棒やコットン、あぶらとり紙や、お口のリフレッシュ用のマウスウォッシュと紙コップなどがあるとちょっと気になったときに大変便利です。

お化粧直し用の備品は、マッサージ店や整体などのリラクゼーションサロンでも大変有り難がられると思います。こういったリラクゼーションサロンは施術のためにうつ伏せになることが多いので、施術後、からだはスッキリしたけどメイクが崩れている…直したい…と感じる方は多いはずです。

さらにさらに、お客様が実際に利用するものではないですが、スペースに余裕があるならば、小さな観葉植物などを置いてみてはいかがでしょうか。一気におしゃれさが増し、ほっとできるトイレ空間に早変わりです。


【番外編】子連れ客が多い店舗では、子連れ向けの配慮を。

TOTOの調査では、子ども連れのお客様のお困りの声も公開しています。

子ども連れのお客様がトイレに求めているものは、なんといってもおむつ替え用のスペースですね。こちらはある程度の広さを要するので、簡単に設置できるものではありませんが、大型商業施設以外の街中にあるような店舗ではなかなか見つけられないものです。だからこそ、子ども連れのお客様への配慮は、他店との差別化にも繋がります。

ママ友コミュニティは噂の広まりが早いので、周知力も強いことでしょう。子連れのお客様が多いかも、と思われる方はぜひ検討してみて下さい。


まとめ

以上、女性目線の意見多めで集客とトイレの関係について見ていきました。あなたのお店で実践中のものはいくつありましたか?

綺麗でおしゃれなトイレ空間づくりが集客UPに繋がるかも!と思っていただけた方はさっそく実践してみてくださいね。

清潔を保つだけではなく、ご自身の店舗業態やお客様のタイプに合わせたトイレ空間作りが重要です。どのお店にもあるものだからこそ、他のお店と違う空間だとお客様の心を動かします。今回ご紹介した方法をコツコツ続けていれば、きっとトイレの神様がお客様を呼んできてくれますよ。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。