業種を問わずにできる!ワークショップやセミナーを開催して集客するポイント

業種を問わずにできる!ワークショップやセミナーを開催して集客するポイント

キャンペーンやセールを行ってもなかなか集客できない、セールの時は集客できるがリピート来店につながらない。もしこんなことでお悩みなら「ワークショップ」や「セミナー」を開催して集客してはいかがでしょうか?「ウチの業種には向かないんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、工夫次第でワークショップやセミナーは業種を問わずにできる集客の有効な手段です。今回はワークショップやセミナーを開催して集客するメリットとポイントについて解説します。


ワークショップ、セミナーを開催するメリットは?

ワークショップやセミナーを開催することで今までお店を知らなかった人の来店も期待できますし、お客様との距離が縮まってお店のファンも増えるので、リピート来店が期待できるようになります。

テーマをどのようにするかで様々なターゲット設定が可能であることもワークショップやセミナーのメリットです。例えば「妊婦さんのための~」「独身男性のための~」のようにテーマを設定することで、ターゲットを絞り込んでアピールできるようになります。ワークショップもセミナーもお客様が自ら進んで参加するイベントなので、これをきっかけにお店や商品のファンになってもらいやすいというメリットもあるでしょう。

スペースの関係もあるでしょうが、ワークショップやセミナーはできるだけ自分の店舗で開催するのがポイントです。新規の見込み客にお店を知ってもらうきっかけになりますので、他会場ではなく自分の店舗で開催するようにしましょう。


ワークショップ、セミナーを魅力的な内容にするアイディア

ワークショップやセミナーはアイディア次第で様々なものを開催することができます。例えば雑貨屋であれば販売しているツールや材料を使った「クラフト講座」、キッチン用品を扱っているお店や食材を扱っているお店、飲食店なら「料理教室」が考えられるでしょう。またマッサージ店や治療院などであれば「自分でできる身体のメンテナンス」などのワークショップは集客が期待できます。ドラッグストアや薬局などであれば「風邪の予防講座」「虫歯の予防講座」のような身近な健康に関するものがおすすめです。購入した医薬品の購入費用について所得控除を受けられるセルフメディケーション税制が始まったこともあり、健康に関するテーマは高い人気が期待できます。

ワークショップやセミナーの講師は必ず自店でしなければならないということはありません。取引先と連携して共催したり、知り合いに講師を依頼したりする方法も考えるとアイディアもより広がるでしょう。


ワークショップを開催する際に押さえておくべきポイント

ワークショップを開催するためには、どこでやるのか?どんなテーマで開催するか?講師は?どうやって告知するか?など事前に決めなければならないことがたくさんあります。

まず会場は前述のように自分の店舗で開催するのが望ましいです。多少狭くても最初からあきらめてしまわずに、レイアウトを変えてスペースを作れないか検討してみましょう。これから開業する人であれば、イベントに使えるスペースを最初から計算しておくのもおすすめです。

ワークショップの内容については季節や流行を考えながら決めるのがよいでしょう。「母の日のための~」「バレンタインデー~」のような季節のイベントを意識したワークショップであれば注目率も高くなります。

取引先など外部のパートナーと提携して共催する場合には入念に打ち合わせするようにしましょう。「分かったつもり」がミスにつながりますので、細かな部分まで確認しておくことが重要です。

ワークショップの告知は来店したお客様にチラシなどを渡して参加を促すのが効果的です。またSNSやホームページなどネットを使った告知も欠かせません。エキテンなどのポータルサイトを活用すれば、無料でお店の情報と一緒にイベントの内容も詳細に伝えることができます。SNSで拡散されて口コミ効果での参加も期待できますので、ネットでも積極的に情報発信しましょう。

ワークショップなどのイベントは開催しておしまいというわけではありません。参加したお客様に対して割引オファーなどをつけたフォローをすることで、継続的な集客につなげることが可能です。


ワークショップ、セミナーは継続して開催するのが効果的

ワークショップの最大の魅力は、店舗で接客していた時とは違うお客様との関係性を生み出すことができることです。ワークショップを開催するとワイワイ会話が弾んだり、場が盛り上がったりすることで、お客様との関係がグッと縮まります。「やっぱりプロはすごい」「この人の言うことなら」と信頼感も高まるでしょう。そのためお店やスタッフのファン作りにつながり、リピート来店に大きな効果が期待できます。

ワークショップの開催は季節に合わせてシリーズ化するのがおすすめです。またテーマを変えて開催すれば違うターゲットの新規客を獲得できる可能性も高まります。年間の開催スケジュールを事前に決めておけば、間際になって慌てるようなこともなくなります。ワークショップを継続して開催することでお店のファンが増えれば、安定した店舗経営に大きく貢献するでしょう。見込み客にとって魅力的なワークショップやセミナーを開催してお店にお客様を呼び込みましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。