日本政策金融公庫の融資の手続きや流れをカンタン解説

日本政策金融公庫の融資の手続きや流れをカンタン解説

開業・創業時の借り入れ手続きでよく聞く、日本政策金融公庫とは?

開業・創業時の借り入れで利用する方が多い日本政策金融公庫ですが、事業を運営している方以外にはあまり馴染みのない金融機関ですよね。日本政策金融公庫とは個人事業主や中小企業の融資や創業者への融資、教育ローンなども取り扱う、国の政策金融機関です。2008年に国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫が統合されて発足しました。 この記事では、国民生活事業から借り入れをする際の必要書類や手続き、その流れについてご紹介したいと思います。


小規模事業者なら国民生活事業から借り入れが一般的

日本政策金融公庫には国民生活事業、中小企業事業、農林水産事業とありますが、どの事業から融資申し込みをすれば良いのでしょうか。

基本的に、整体や美容院などの個店を経営していたり、新たに創業する場合は国民生活事業に申し込みをすれば足りるでしょう。億単位の融資を希望する場合は中小企業事業、農業や漁業を行っている場合は農林水産事業が担当となります。


日本政策金融公庫から融資を受けるまでの手続きの流れ

STEP1 申し込みに必要な書類を揃えよう

日本政策金融公庫のホームページに必要な書類について記載してあります。基本的に準備が必要な書類は以下の書類です。

【個人事業主の場合】
・借入申込書・・・公庫のホームページからダウンロードすることもできますし、最寄りの支店に取りいくこともできます。
・個人事業主の場合は2期分の確定申告書(確定申告をしている場合)

【法人の場合】
・借入申込書
・最近2期分の確定申告書・決算書
・最近の試算表(決算後6カ月以上経過している場合や事業を始めたばかりの方)

【その他必要な書類】
・企業概要書・・・初めて公庫に申し込みをする際に提出が必要です。企業概要書という名称ですが個人で借り入れをする場合もこちらの「企業概要書」の記入が必要となります。
・創業計画書・・・新たに事業を始める場合に必要です。
・見積書・・・借り入れした資金で店舗の設備などを購入する場合は設備資金となります。その場合は見積書も必要です。運転資金(人件費や仕入れ資金などの諸経費)を借り入れする場合は不要です。


STEP2 審査担当者と面談日の調整をしよう

申し込みに必要な書類をすべて提出すると、融資担当者から電話がかかり面談日の日程調整をします。書類を提出してからおおよそ1週間程度で面談日の案内が来るようです。
この際、面談日までに追加で用意するべき書類が案内されます。(通帳や税金の領収書など)


STEP3 面談・審査結果

必要な書類を揃えて面談。面談は1時間~長くて2時間程度で終了することが多いようです。 面談後1~2週間程度で審査結果が通知されます。


STEP4  契約手続き

融資決定後には、借用証書の作成、返済金の引き落とし口座の登録、印鑑証明書の提出などの契約手続きが行われ、手続き完了後に融資が実行されます。

申し込みから審査結果が出るまでの期間は、だいたい1カ月程度かかる場合が多いようですが、支店の規模や、申し込み時の融資申し込みの多さ・混雑具合によっても変わってくるので、融資の申し込み時に支店の担当者に問い合わせをする方が確実です。資金繰りの計画は余裕をもって立てましょう。


まとめ

以上、日本政策金融公庫に融資を申し込む際に必要な書類や手続きの流れについてご紹介しました。日本政策金融公庫から融資を受けるためのポイントについては以下の記事も参考にしてください。

日本政策金融公庫の融資審査を通過するために注意すべき「3つの諸支払い」

エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。