大掃除シーズンを見逃すな! リサイクルショップの集客のポイント

大掃除シーズンを見逃すな! リサイクルショップの集客のポイント

これから年末になって大掃除シーズンになると、各家庭では不要になったものがたくさん出てきます。そのため、大掃除シーズンはリサイクルショップにとって大きなチャンスといえるでしょう。不要品をどう処分しようかと悩んでも、リサイクルショップの存在を知らなかったり、そもそも売れることを知らなかったりする人も多いのです。ですから、このタイミングで上手く情報発信できれば集客につなげることが可能になります。「近くにリサイクルショップがありますよ」「こんなものも買い取っています」「この商品の買い取り相場は○○円です」と伝えることができれば、来店してもらえる可能性も高まるのです。そこで今回は、年末の大掃除シーズンに効果的に集客するための方法を紹介します。


お客様の不安や疑問を取り除こう!

初めてリサイクルショップを利用するお客様からすると、意外とお店の敷居は高く感じられます。特にお客様が不安に思うことは、「こんなものでも買い取ってもらえるだろうか」「使い古しのものを持ち込んで笑われないだろうか」ということです。このような理由でリサイクルショップの利用をためらっているお客様も多いでしょう。リサイクルショップからすると「あたり前」だということも、お客様には理解されていません。

そのため、買い取る商品については、できるだけ丁寧に説明することが重要です。「こんなものも買い取っていますよ!」と積極的にアピールすることが「どんなものを買い取ってくれるの?」というお客様の不安や疑問を取り除いて、来店への動機づけになります。たくさん買い取っていることを伝えることができれば、「こんなに多くの人が利用しているなら」「私も不要品を持ち込んでみよう」と来店を促す効果があるのです。

実際に買い取った商品を紹介する際には、言葉だけでなく写真をつけて紹介するのがよいでしょう。具体的に持ち込む商品をイメージすることができますし、商品を買いたいお客様にとってはそのまま「売っているもの」のリストとしても伝わります。


クーポンを活用してリピート来店につなげよう!

年末の大掃除シーズンが終われば、すぐに春の引っ越しシーズンがやってきます。大掃除シーズンに来店したお客様にリピーターになってもらう大きなチャンスです。この機会を見逃す手はありません。春の引っ越しシーズンまで使えるクーポンを渡して、積極的にリピート来店を促しましょう。一度来店したお客様にはお店に対する不安感がありませんので、リピート来店してもらえる可能性も高まります。また、あれもこれもと持ち込む不要品が増えることもあるかもしれません。

クーポンの内容は買い取り価格の割増や販売価格の割引にするのが効果的でしょう。クーポンには春の引っ越しシーズンまでという使用期限を必ず設けることがポイントです。期間までに使わなければという消費者心理が働いて、より集客効果が高まります。このクーポンを渡すか渡さないかでリピート率は大きく違ってくるのです。大掃除シーズンだけで終わることがないように、次のシーズンにしっかりとつなげましょう。


無料で、しかも簡単にできるWeb集客

スマホの普及に伴い、近くのお店をネットで探すことが圧倒的に増えてきました。そのため、リサイクルショップの情報発信にもWebの利用が欠かせません。ここではコストをかけずに簡単にお店の情報発信ができるおすすめのWebサービスを紹介します。


Instagram

Instagramは写真に特化したSNSですので、買い取り品や販売している商品のカタログのように利用することもできます。写真を見せることで「こんなものを買い取っています!」「こんなものを売っています!」を一目で伝えることが可能です。Instagramでは広告を掲載することもできますので、画像や動画広告を使ってWebサイトへ誘導することもできます。


Twitter

リアルタイム性が高いので、「今こんなものを買い取りました」とすぐに情報発信することができますし、買い取り情報はそのまま入荷情報にもなります。Twitterでもタイムラインなどに広告を掲載して、フォロワー数を増やしたりWebサイトへ誘導したりすることも可能です。


エキテン

無料でメニューやカタログなど様々な形式での写真掲載が可能ですので、買い取り品や販売商品を分かりやすく紹介することができます。また、お店の詳細な情報を掲載することもできるので、鑑定力や査定力といったリサイクルショップの専門性をアピールすることも可能ですし、クーポンも掲載可能です。

エキテンへの登録はこちらから。


年末の新規客を翌年にもつなげよう

年末の大掃除シーズンはリサイクルショップにとって大きなチャンスです。上手く情報発信をすることができれば、不要品の買い取りを希望する新規客を増やすことが可能になります。そのためにも効果的なのが、Webサービスを利用することです。Instagram、Twitter、エキテンなどを利用して、こまめに「買い取りました」「入荷しました」と情報発信していきましょう。それを見た人の来店につながりますし、Webならではの口コミや情報拡散の効果も期待できるのです。また、年末に来店した新規客にどう対応するかが、翌年の売上にも大きく影響してきます。年末に来店した新規客にクーポンを渡して、翌年のリピート来店にもしっかりとつなげていきましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。