集客力アップの切り札!動画広告のキホン

集客力アップの切り札!動画広告のキホン

人々の目を引く動画広告はライバル店と差をつけるチャンス

YouTubeやYahoo!などのポータルサイト、FacebookやInstagram等のSNSにおいて、動画広告を目にする機会が多くなってきました。人間は本能的に動くものに目が行ってしまいます。つまり、パソコンの画面上で動画が動き始めると、無意識のうちに動画を目で追ってしまいます。

また、お店の持つ独特な雰囲気や商品について、視覚的に視聴者に訴えかけることができ、興味喚起をしやすい動画広告は、今注目のマーケティング手段の1つです。その上、動画広告を出稿するハードルは、通常の広告よりも高いため、ライバル店と差別化をするチャンスでもあります。

本記事では、そんな動画広告のメリット、動画を準備する方法などについて解説します。


動画広告のメリット

まず、動画広告にはどのようなメリットがあるのか確認しましょう。主に挙げられるのは次の3つです。


1.コールトゥーアクションを設置できる

動画広告の多くは、クリックすれば店舗のホームページや商品サイトに飛ぶことができるボタン(Call to Action(コールトゥーアクション))を設置することができます。動画を見て興味を持った方をスムーズにサイトに誘導することができるので、店舗への来店や商品の購入に繋がりやすいという特徴があります。


2.細かいターゲットの設定ができる

動画広告の場合も他のネット広告と同様に、年齢・性別・地域・興味関心などの情報を使用して配信ターゲットを設定することができます。


3.お店の訴求力アップ、ブランドイメージアップにつながる

良い動画広告には、お店の訴求力をアップしたり、お店のブランドイメージをアップさせる効果が期待できます。


動画コンテンツの作成・準備

では、動画広告のための動画をどのようにして作成・準備すれば良いのでしょうか。動画を準備する手段としては主に2つ考えられます。


1.動画広告の制作会社に依頼する

テレビCMのような質の高い動画を制作したい!という場合は、動画広告の制作会社に依頼するのが良いでしょう。動画広告の制作会社は、ネットで検索しただけでも数多くありますので、各社の見積もりや提案内容を比較して、より良い会社を選びましょう。どのような動画を制作するかによっても差はありますが、だいたい10万~50万円程度の予算は見ておきましょう。


2.自分で動画を撮影・編集する

制作会社に依頼するほどの予算はないけど、それでも動画広告をやってみたい!という場合は、自分で動画を撮影・編集するのも一つの方法です。ビデオカメラで撮影してパソコンに取り込んで編集するのはハードルが高いかもしれませんが、今やスマートフォンだけで撮影から編集まで出来てしまう時代です。思い切ってチャレンジしてみるのも良いでしょう。


店舗の外装・内装の様子や普段の雰囲気、スタッフのインタビューなどを載せたい、という場合は、スマートフォン等で短い動画を撮影して投稿するだけでも十分伝わりますし、訴求力も高まります。長い動画を作るのは大変なので、まずは10秒もかからないような短い動画から挑戦してみると良いでしょう。


動画コンテンツ作成のコツ

短い動画でも、事前に「こんな動画にしたい!」というイメージを紙に書き起こしておくと良いでしょう。可能であれば四角い枠の中に簡単な絵にしておくと、撮影がスムーズになります。撮影場所は明るい方が、動画にした際も良い印象を与えやすいので、晴れた日の日中に撮影をするのがオススメです。

また、ドローンなどを使って撮影すると、人間ではなかなか撮影できないアングルから撮影することができるので、惹きのある動画を作りやすくなります。そうした手法も検討してみましょう。もちろん、ドローンを飛ばす場合に守るべきルールやマナーは遵守しましょう。

撮影した動画にBGMを付けたり、テロップを入れるだけでも印象は変わります。はじめての場合、動画編集の難易度はやや高いですが、「iMovie」などの無料ソフトでもこうした編集はできるので、ワンランク上の動画を作りたい、という方は撮影した動画の編集も検討してみてください。ただし、BGMを付ける際には楽曲の著作権には注意しましょう。

こうして撮影した動画を店舗のホームページに埋め込んだり、SNSで投稿するだけでも、十分動画マーケティングの効果を検証できます。

尚、口コミサイト「エキテン」においても、ページ内に動画を設置していただけるプランをご用意しております。詳細はこちらからご確認ください。


まとめ

ここまで、動画広告のメリット、実際に動画広告をやってみる際のポイントについて解説しました。集客やプロモーションの手段として、人間が本能的に目を奪われる動画を使うことも選択肢に入れておくと良いでしょう。また、動画の作成も専門の会社に依頼するだけでなく、スマートフォンなどを使って自分で作成することもできるので、短い動画の作成から挑戦してみるのも良いかもしれません。


エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。