iPadをレジとして使おう!タブレット型POSレジを比較

iPadをレジとして使おう!タブレット型POSレジを比較

iPadがレジになる?

今回はiPadやタブレット端末を使ったPOSレジサービスについてご紹介させていただきます。 店舗を経営されている方はおそらくほとんどの方がレジを導入していらっしゃると思いますが、従来のPOSレジを導入しようとした場合数十万~物によっては百万円を超える資金が必要でした。 しかし近年iPadやタブレット端末を使用することで安価にPOSレジを導入できるサービスが増えてきています。

また安いだけではなく、レジスターを置かないことでお店の中で余計な場所をとりませんし、お客さんにスマートな印象を与えることができます。さらに外出しているときも売り上げデータを確認できたり、クレジットカード決済サービスなどの他のサービスと連携できたりと様々なメリットがあります。 以下では主要サービスであるAirレジ、ユビレジ、スマレジについて紹介していきます。


Airレジ

リクルートライフスタイルが運営するサービスです。

費用

初期費用も月額費用も無料で導入できます つまりiPadやタブレット端末さえあれ費用をかけることなく導入できるということです。 すごいですね。

周辺機器

キャッシュドロワ(レジにあるお金を貯めておく部分のことです)、レシートプリンター、バーコードリーダー、ラベルプリンター、クレジットカードリーダーなどが対応しているようです。(別途購入必要)

特徴

専用のカードリーダーを装着するとクレジットカード決済も導入できます。 また、サポート体制が充実していることが特徴で、無料でメールでのサポート、電話でのサポートを受けられます。レジを導入する際に分からないことがあったり、導入後何かトラブルがあった際も安心ですね。


ユビレジ

費用

無料プランと月額5000円かかる有料のプレミアムプランがあります。 無料プランは3日分の売り上げデータのみの表示となるので、無料で導入してみて使いやすかったら導入を決めるという形が良いでしょう。iPadを持っていない方はiPadを無料で2週間レンタルできるサービスを利用できるようです。

周辺機器

キャッシュドロワ(5500円)、レシートプリンター(7500円、29800円)、バーコードリーダー(5800円)などが周辺機器として用意されています。またユビレジと周辺機器を連携させるためにユビレジエクステンション(19800円/プレミアム加入で9800円)が必要となります。

特徴

ユビレジはiPad専用のPOSレジサービスです。複数の店舗を運営している場合、1店舗ごとにアカウント登録をすれば、「会計共有機能」を設定することで、複数の店舗の売り上げを管理することができます。また無料プラン・プレミアムプラン双方ともクレジットカード決済サービスを利用することもできます。


スマレジ

費用

スタンダード(無料)、プレミアム(4000円)、プレミアムプラス(7000円)、フードビジネス(10000円)、リテールビジネス(12000円)の5種類のプランがあり、有料プランにすることで複数店舗を一括管理できたり、顧客管理機能や電話サポートを受けられるサービスが追加されるようです。自分の店舗に合わせてプランを選択しましょう!

周辺機器

キャッシュドロワ(9800円)、レシートプリンター(46200円)、バーコードリーダー(27000円)などが周辺機器として用意されています。

特徴

無料プランでも詳細な売り上げ分析機能が利用できたり、料金プランも複数用意されているので、無料~有料プランの中から自分の店舗に適したプランを選択することができそうです。

また専用のカードリーダー(23000円)を導入することで、スマレジ・ペイメントというクレジットカード決済サービスも利用することができます。


その他のタブレット型POSレジサービス

アンドロイド端末用POSレジサービスの「Padpos」や飲食店・美容業向けPOSレジサービス「SYNKA」、NTT東日本の「ラクレジ」、iPad用POSレジ「Nexpo」などまだまだ様々なサービスがあります。


まとめ

レジは1度導入すると途中でサービスを変更しずらいものです。そのため月額費用がいくらかかるか、導入費用がいくらかかるか、という観点でサービスを選ぶことももちろん大事ですが、売り上げ分析機能はどうか?顧客管理機能はどうか?など機能まで吟味して選ぶことが必要です。いくつかのサービスを無料で使用してみて、自分の店舗にあったタブレット型POSレジ端末を見つけましょう。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。