リサイクルショップのウェブ集客方法まとめ

リサイクルショップのウェブ集客方法まとめ

リサイクルショップのウェブ集客

リサイクルショップを経営・あるいは勤務されている皆さま、最近の集客状況はいかがでしょうか? 基本的にリサイクルショップは、商品の買い手のお客様に対しては、「どんな商品が、いくらで」売っているのかを、タイムリーに、分かりやすく発信していくことが大切です。

一方、商品の売り手に対してはこれまでの買い取り価格の実績を発信していくことで、お客様に安心感を与えることができ、来店に繋がりやすくなります。

そのためには、ウェブを使って情報を日々更新していくことが必要不可欠ですが、なかなか効果的なウェブ集客ができているお店は多くはないのではないでしょうか。

今回は、そんなリサイクルショップならではのウェブ集客方法についてまとめてみました。


リサイクルショップへの消費者のイメージ

通りがかりに街で見かけるような「リサイクルショップ」に対し、お客様は以下のようなイメージを抱いています。


1.売っている商品・品物が分からない

商品を買いたい人からすると「売っている商品・品物が分からない」ことが多いです。どんな商品を扱っているのか、どんな商品の品揃えが充実しているのか、価格帯の中心はどれくらいなのか、というようなことが見えてきません。

逆にこうした情報をウェブから発信していくことで、「お客様から選ばれる、集客力のあるお店」になることができます。


2.いくらで買い取ってくれるのか分からない

商品を売りたい人は「いくらで買い取ってくれるのか、相場が知りたい」と思います。しかし、どんな商品なら買い取ってくれるのか、商品の価値をしっかり判断してくれるのか、買い取りの相場はいくらぐらいなのか、という点がお店側の思っているほどには伝わっていません。

このようにリサイクルショップは、売りたいお客様、買いたいお客様それぞれにとって、中身が分かりにくく不安を抱く場所となりがちです。この分かりにくい点を、ウェブで積極的な情報発信を行い、丁寧に説明してあげることで、リサイクルショップへの集客数増加に繋がっていきます。


お客様に対してアピールしたい情報とは

ここでは、具体的にどのような情報を発信するべきかをお伝えします。


1.季節ごとにイチオシ商品をアピール

季節によって、お客様がリサイクルショップに求める商品は違ってきます。最も目につく場所に季節はずれの商品があるようでは、お客様に良いイメージを持っていただくことはできません。そのため、お客様のニーズに応える季節商品を新たに買い取って入荷した時には、その商品をイチオシ商品としてアピールします。

夏前などであれば、扇風機などの暑さ対策商品やアウトドア商品などの需要がありそうだな、と考え、これらの品揃え情報を発信したり、イチオシ商品としてオススメします。こうすることで、必要な商品をタイムリーに提供しているリサイクルショップだということが明確になってきます。


2.買い取りの相場観を伝える

新たに商品を買い取った時には、どんな商品をいくらで買い取ったのかをリアルタイムで紹介しましょう。こうすることで、このリサイクルショップの相場観とどんな商品に強いのかが伝わります。

売りたい人からすると、買い取ってくれるのか、安く買い叩かれないかなど不安がいっぱいです。この不安を解消してあげることが、とても重要になってきます。さらに、お店の対応や買い取り価格に満足しているお客様のコメントなども伝えることができれば、来店を迷っているお客様の不安解消に大いに役立つでしょう。


リアルタイムな情報発信をするにはどうしたら良いか

入荷した商品をすぐに掲載したり、買い取った商品の買い取り価格などをリアルタイムで紹介したりするためには、ホームページ等のウェブの力を使うことが必要不可欠です。特にリサイクルショップの場合、ほとんどの商品が1点ものですので、商品の入れ替えに対応するための機動力は、とても重要になってきます。

ですから、ホームページの情報が古いままだったり、売れてしまった商品がまだ掲載されていたりしているようでは、かえってお客様の信用を失ってしまいます。そのためには情報を簡単に編集・変更できるブログやSNS、ポータルサイト等を使うことが有効です。以下では簡単にブログ・SNS・ポータルサイトの特徴について解説します。


1.ブログ

ブログでは、ウェブ作成のためのHTMLやCSSの知識がなくても、直感的にページを作成することができます。画像も載せて投稿することで、簡単に商品紹介ページが出来上がります。無料で利用できるブログサービスもたくさんありますので、手軽に始めることができるでしょう。


2.SNS

FacebookやtwitterなどのSNSもリアルタイムで情報発信するのに適しています。特にスマートフォンを利用する若い世代向けの商品などを紹介するのには効果的です。SNSならではの拡散力がありますので、集客効果が期待できます。


3.ポータルサイト

全国各地のリサイクルショップが掲載されているようなポータルサイトでも、店舗側から情報発信することができる場合があります。また、こういったサイトは口コミサイトであることも多いので、お客様の反応を知ることができますし、第三者が書いた口コミは来店を迷われている方にとって、リサイクルショップの雰囲気を知る大きな手掛かりとなります。

尚、エキテンもリサイクルショップの情報を多数掲載している口コミサイトです。SEOといって、GoogleやYahoo!などで検索したときに上位に表示されるような仕組みもしっかり対策しておりますので、「地域名×リサイクルショップ」と検索するような方の目に触れる機会が多くなっています。無料で貴店の店舗掲載することができ、店舗情報の編集が24時間可能ですので、ご興味持たれた方はこちらから詳細をご確認ください。


まとめ

以上、リサイクルショップがウェブ集客をするにあたって大切なポイントをまとめてみました。

ご自身のホームページ等を見たとき、お客様の不安を取り除けるような情報量になっているでしょうか。あまり詳細に情報を載せすぎると、逆に見積もり等の問い合わせが来なくなってしまうのでは、と心配する店長さんもいますが、まずはどんな商品を扱っているどんなお店なのかをお客様に知っていただくことが大切です。もし足りない要素があれば、ここで紹介してきたものをご参考にされてみてはいかがでしょうか。

エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。