Airbnb(エアビーアンドビー)を使って福岡に宿泊体験した話

Airbnb(エアビーアンドビー)を使って福岡に宿泊体験した話

1. Airbnb(エアビーアンドビー)とは?

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスをご存知ですか?個人の空き部屋などをAirbnb上に登録しておいて、その部屋を利用したいという人に有料で貸すことができる「民泊」サービスのことです。

民泊サービスは旅館業法と抵触するのではないかということでグレーゾーンのサービスではあるのですが、2015年12月7日東京都大田区でこの「民泊」を認める条例を可決しました。早ければ2016年1月から条例に基づいた民泊が始まるようです。

増え続ける外国人観光客や2020年の東京オリンピックに向けて今後も民泊サービスが全国的に認められる流れが広まるのではないかと予想されています。


2. Airbnbのサービスは分かったけど読み方が分からない?

Airbnbの日本語読みは「エアビーアンドビー」です。公式サイトにも書いてます。「なんでエアビーエヌビーじゃないんや!アンドって読むならb&bにせい」とお怒りになる方もいるかと思いますが、外国ではand(アンド)をn(エン)と読むのが普通らしいですよ。


3. Airbnb(エアビーアンドビー)を実際に使ってみた!

2015年8月、「Airbnb(エアビーアンドビー)」を使って福岡に宿泊してきたので、今日はその体験談をレポートしたいと思います!

ちなみになぜ福岡かというと乃木坂46の真夏の全国ツアー福岡公演を見るためです。ちなみに北野日奈子ちゃん推しです。ちなみに齋藤飛鳥ちゃんも好きです。地方公演の方が会場キャパが少ないので乃木坂ちゃんたちを近くで見れるチャンスが多いんですよね。Let’s 遠征。


4. なぜAirbnb(エアビーアンドビー)を使おうと思ったのか

ホテルが高いからです。宿泊するだけで1万以上はなるべく払いたくない派の自分。1万以上だと辛くて腹痛くなります。せめて5000円くらいで静かに寝れるホテルや旅館があれば…という感じでしたが昨今外国人観光客が多く押し寄せていること、そして宿泊するのが土曜日ということもあり、そんなに好条件の宿泊施設は見つかりません。

そこで前から気になっていたAirbnbでも見てみるか…と思って調べてみたら…「ありました!5000円物件!」しかも天神駅から徒歩でいける距離。これは良い!ということで早速申し込みました。これが宿泊日の10日くらい前の話です。


5. Airbnb(エアビーアンドビー)で宿泊するまでの流れ

申し込みをすると10分もしないうちに空き部屋提供者の方から連絡が来ました。airbnbのサイト上でもメッセージのやりとりはできますが、いちいちサイトにアクセスするのは面倒とのことで、相手からの提案によりLINEを交換してやりとりしました。

そこで宿泊物件までの地図や鍵の受け取り方法、当日のチェックイン時間や天神周辺の観光情報なども教えてもらうことができました。ちなみにAirbnbでは宿泊代金の支払いはクレジットカード払いです。そのため直接空き部屋提供者の方に支払う必要はないので色々楽ちんです。

迎えた当日。鍵は、ドアノブにかかっている小さなボックスのようなものに、前もって伝えられた暗証番号を入力すると入手できます。

いざ入室してみると一般的なワンルーム部屋でドライヤーやタオルなどもついています(アメニティは宿泊する部屋で異なりますが)。誰かの部屋に泊めてもらう感覚ですね。きちんと掃除も行き届いて綺麗なお部屋でした。これで5000円は大満足。Airbnb、いいね。


6. Airbnb(エアビーアンドビー)体験まとめ

地方都市だとまだ登録されている数は多くないですが、東京・大阪・名古屋などの都市レベルになるとかなり選択肢も広く部屋を選べる印象です。

今回は空き部屋をまるごと使用できるタイプでしたが、Airbnb(エアビーアンドビー)には部屋の所有者・居住者の方と交流できるような部屋も登録されています。

ただ、Airbnbには旅館業法上の問題が指摘されており、条例が制定される地域はあるものの、以前法的動向については注視する必要があるサービスです。


エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。