ネイルサロンの集客力がアップするSEOキーワード

ネイルサロンの集客力がアップするSEOキーワード

ネイルサロンのSEO対策

「ウェブからの集客にSEOが必要なのは知っているけど、なかなかうまくいかない」 そんなネイルサロンを経営されている方のために、具体的にどんなキーワードでSEO対策をしていくべきなのか、具体例をご紹介します。

「SEOって何?」「SEOについてもっと知りたい」という方はこちらの記事も参考にしてください。
SEO対策の基本とは?
SEO対策キーワードの選定方法


【定番キーワード1】ネイルサロン×地名、ネイルサロン×駅名で集客

検索例

「ネイルサロン 東京」 
「ネイルサロン 渋谷駅」
「ネイルサロン 裏原宿」

お客様のニーズ

「ネイルサロン×地名」や「ネイルサロン×駅名」で検索してくる人は、比較的すぐに予約などのアクションを起こしてくれる人だと言えます。ネイルサロンに来店することは既に心に決めていて、自分が行きやすい地域の中で、評判の良さそうなサロンを探している段階だからです。


対策方法

そのような人に対しては、業種・地名・駅名などのキーワードを盛り込みつつお店の情報を発信しましょう。たくさんの良い情報をアピールし、近隣の店舗と比べた時に選んでもらえるページ作りをしたいですね。
そのためには、ネイルデザインの写真はもちろん、お店の外観・内観の雰囲気も写真で伝えましょう。他にも、駅から店舗までの行き方を分かりやすく解説したり、スタッフの写真を掲載するなどが効果的です。
情報量が少なくて不安なお店よりも、行く前からある程度お店の雰囲気がわかったほうが、お客様も来店しやすくなります。たくさんの情報を掲載してアピールすることで、集客につなげましょう。


【定番キーワード2】ネイルサロン×おすすめ、人気、口コミで集客

検索例

「ネイルサロン おすすめ」
「ネイルサロン 渋谷駅 人気」
「ネイルサロン 口コミ 銀座」


お客様のニーズ

少しでも良いネイルサロンを探したいとき、お客様はやはり評判を気にします。
そのため、1つ目にご紹介した地名と共に検索する際に、「おすすめ」「口コミ」というワードを追加して検索することが多いです。
これらのキーワードで上位表示できれば、かなりの集客効果を見込めます。おすすめのサロンや人気のサロンに行きたいと思っている人が検索してくるので、これらのキーワードでお店を見つけてもらうことで、人気があるサロンなんだと判断してもらえますね。


対策方法

このような検索をする人に対しては、おすすめのメニューや人気のメニューを紹介するのが効果的です。ただ、「メニューを羅列して紹介する」だけではなく、「おすすめメニュー」や「人気のメニュー」と称して紹介してみましょう。また、実際に来店されたお客様から感想を集めて、口コミという形で自店のホームページに紹介してみるのも良いかもしれません。


【狙い目キーワード1】ネイルサロン×芸能人、モデルで集客

検索例

「ネイルサロン 芸能人」
  「ネイルサロン モデル」
  「ネイル モデル」
  「ネイル ローラ」
 


お客様のニーズ

芸能人やモデルが通っているネイルサロンは人気がありますよね。このような検索は、最先端の流行を追いたい女性から検索されやすいキーワードです。芸能人やモデルみたいなセンスの良い可愛いネイルを真似したくて、彼女たちのネイルのデザインを探しているケースが多いでしょう。ネイルクイーンを受賞して殿堂入りになったローラなど、芸能人やモデルの個人名を追加して検索される場合もあります。


対策方法

そのため、
「〇〇のテレビでローラがしていたネイル!」
「モデルの〇〇がしていたネイル!」
のような紹介文と共にネイルのデザインを掲載したり、芸能人やモデルのネイルを紹介するコンテンツなどをブログやホームページ上で展開すると集客効果が見込めそうです。

ちなみに
「ネイルサロン 芸能人」

「ネイルサロン ローラ」
の一か月の検索数はどちらも約90件です。
それぞれの検索結果数は、
「ネイルサロン 芸能人」
が約69万件に対して、
「ネイルサロン ローラ」
は約29万件です。
つまり、芸能人やモデルさんの個人名を取り上げて、ホームページ内で紹介したほうが、競合となるページが少なくなるので、上位表示の難易度は低いといえます。なお、実際にその方が番組や雑誌でしていたネイルの再現なら問題にならないと思いますが、関係のないデザインへ勝手に有名人の名前をつけてPRするのは当然NGですので気をつけましょう。


【狙い目キーワード2】ネイルサロン×メニューの種類、特徴(ジェルネイル、マニキュア等)で集客

検索例

「ネイルサロン ジェルネイル」 月間検索数 20
「ネイルサロン マニキュア」 月間検索数 320


お客様のニーズ

検索数は少な目ですが、上記のような「メニュー」やサロンの「特徴」で検索する傾向も見受けられます。お客様によっては、プライベートサロンでゆったりした時間を過ごしたいと考えている人もいるでしょうし、「ジェルネイルの長さ出し」など、特定のメニューで検索をかけてくる人も多いです。

ジェルネイルのサロンは多いですが、マニキュアを塗ってもらいたいというお客様も中にはいます。そうした特徴が検索数にも表れていますね。月間検索数が少ないと対策する意味がないと思われる方もいるかもしれませんが、これらのキーワードは見込みの高いキーワードで、かつビッグワードと違って競合も激しくないので、個店レベルでは対策する価値のあるキーワードです。


対策方法

個別のメニューの紹介ページを作ると良いでしょう。例えば、もしサロンでマニキュア対応をされているなら、「ネイルサロン×マニキュア」というキーワードでライバルと差をつけるために、マニキュアの種類を色々紹介するページを作ってみましょう。

このようにネイルサロンとメニューの種類を掛け合わせて考えれば、集客力アップにつながるSEOキーワードがたくさん出てきますね。ネイルサロンと種類を掛け合わせたキーワードは、よりお客様が求めているものを限定しているワードなので、サロンの強みと合致するようなキーワードを設定すれば、サロンに合った属性のお客様を呼び込めるようになります。


まとめ

あなたのネイルサロンに合ったキーワードはいくつか思い浮かびましたか?自分のサロンの特徴や強みを活かしたキーワードを1つに限らずたくさん考えてみると良いと思います。そして、そのキーワードを盛り込んだホームページ作りをしてみましょう。


SEO対策で集客力アップしてみたいけど難しそうという方へ

自分でSEO対策するのは難しそう…
そんなに手間をかけられない…
という方は、お店の情報をSEOの効いているサイト(ホットペッパービューティーなど)に掲載すると、結果的に同じ効果を得ることができるので、そうしたマーケティング手法を試してみてはいかがでしょうか。

尚、エキテンもSEO対策に力を入れているサイトです。もしエキテンの無料店舗会員にご興味を持たれた方はこちらのページから詳細をご確認いただけます。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。