個人経営の飲食店こそテイクアウトメニューで集客しよう

個人経営の飲食店こそテイクアウトメニューで集客しよう

根強い中食需要

「中食」の需要が増えています。「中食」とはお店で調理済みの食品を勝ってきて、自宅やオフィスなどで食べることです。

デパ地下のお惣菜が人気であることからも分かるように、今や「中食」は、おいしい料理を外食よりも安い値段で楽しむための手段として受け止められるようになりました。

働く女性や高齢者が増えている状況から考え、中食はこれからも需要が伸びていくでしょう。 外食メインの飲食店は、お客様を中食人気に奪われるだけではいけません。
特に個人経営の飲食店こそテイクアウトメニューを武器に集客していく必要があるのです。


テイクアウト導入のメリットとは?

個人経営の飲食店がテイクアウトを導入するメリットはいくつかありますが、主なものを挙げるなら次の3つになります。


実質的な回転率のアップ

テイクアウトは当然ですが、客席を利用せずに売り上げを伸ばすことができます。
座席数の少ないことが多い個人経営の飲食店の場合、売り上げを増やそうとすると回転率という壁にぶつかります。

ゆっくり食事をしてもらおうと思うと回転率が悪くなり、回転率を重視しすぎると居心地の悪い店になってしまいます。例えば、多くのお客様に利用してもらおうとして席を詰めすぎたり相席を増やしすぎたりすると、快適さが失われ、せっかくリピーターになってくれていたお客様も逃してしまうことになります。

その点、テイクアウトは客席を使わず回転率だけを挙げられるため、座席数の少ない飲食店向きの集客施策なのです。


新規顧客の開拓

客席を使わずに提供できるテイクアウトなら、店内で提供するときよりも値段を少し抑えることができます。そのため、ランチタイムはいつもお弁当や中食だった人がテイクアウトで利用してくれる可能性があります。

また、テイクアウトで「おいしい」と思ってもらえれば、外食でも足を運んでくれるきっかけになるかもしれません。テイクアウトの導入により、こうした集客効果も見込めます。


女性客の獲得

女性客を取り込める可能性が高い点も見逃せません。
ランチタイムのテイクアウトは女性が多いのですが、女性は集団で行動することが多く、口コミも広がりやすい傾向にあります。

また、女性は1人で外食することが少ないため、テイクアウトの味でお店のファンになってもらえば、外食でお店を利用してくれるときには家族や友人と一緒に来店してくれます。

ですから、女性を意識したテイクアウトメニューを用意するだけで、一気に集客数を増やせる可能性もあるのです。


テイクアウトを導入する際に注意すべき点

テイクアウトの導入はメリットが大きいものの、きちんと準備をしたうえで導入しないと、お店の評判を落とすことにもなりかねません。

例えば、ランチタイムのオペレーションをしっかり考えておかないと、店内での提供にも影響してしまい、テイクアウトの売り上げが伸びないだけでなく、これまでの信頼も失ってしまいます。ですから、テイクアウトの提供手順だけでなく、スタッフをどう割り振るかといったオペレーションまでしっかりと考えて、スムーズに動けるようにしてから導入することが大切です。

また、テイクアウト用の容器は使い捨てのため、見た目が店内で提供するときよりも安っぽくなる可能性があります。店内で提供するのと同じようなクオリティで提供できるように工夫する必要があるでしょう。

それは、作り立てのおいしさを届けられるかどうかという点にもつながります。
テイクアウト用のメニューを早い時間から作り置きしすぎると満足度が下がります。かといって、注文を受けてから提供するという形では売れるときに売り切れなくなってしまいます。ですから、どのタイミングでどれだけ用意するかという見極めも大切になるでしょう。

それから、忘れてはいけないのがテイクアウト用の小物の準備です。割りばしやスプーンを入れ忘れると、それだけで評判が落ちてしまうため注意が必要です。使い捨てのお手拭きなどと一緒に、メニューに合った食べやすいサイズの小物を入れるようにするとよい印象を持ってもらえます。

さらに言えばテイクアウト用の袋を工夫してみましょう。コストを重視するとどこにでもあるようなナイロン袋を用意してしまいがちですが、それではテイクアウトを導入したメリットを半減させてしまいます。

持ち帰ってもらうときにどこのお店の物か一目でわかるような色やデザインの袋を準備すると、宣伝効果が高く集客にも役立ちます。


まとめ

個人経営の飲食店がテイクアウトを導入するなら、ランチタイムに導入するのが最も集客効果があります。

しかし、お店の規模やスタッフの人数によっては、もともと忙しい時間帯にテイクアウトを導入するのは難しいということもあるでしょう。

それなら、お祭りなどの屋外イベントが増える時期限定ででも、テイクアウト導入を検討してみてはいかがでしょうか?新規のお客様を増やすことにつながるはずです。

衛生管理など気をつけなければならないことはありますが、ぜひ商機を逃さない工夫にチャレンジしてみてください。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。