電力自由化で電気料金はどうなる?

電力自由化で電気料金はどうなる?

1. 2016年4月、電力小売り自由化はじまる

2016年4月、電気事業法の改正により、電力小売りが自由化されます。

実は電力小売りの自由化は始まっていて、既に特別高圧、高圧の電力は自由化されています。よって高層ビルや中層ビル、工場、スーパーなどは新電力事業者(東京電力や関西電力のような地域ごとの電力事業者とは異なる新規に参入した業者のことです)から電気を買うことができるようになっています。

そして2016年4月以降、法改正により低圧の電力を利用する一般家庭も新電力から電気を購入することができるようになります。

これにより家庭用の低圧電力を利用する小規模経営の店舗も、電力の購入先を選ぶことができるようになります。そこで、電力小売りの自由化のメリットやデメリット、その他のポイントについてまとめてみました。


2. 電力小売り自由化とは何か

今まで東京電力管内の店舗・家庭は東京電力、関西電力管内は関西電力、と地域の電力会社からしか電力を購入することができませんでしたが、2016年4月からは新電力という新たな業者からも電力を購入することができるようになるということです。

月々の請求書が地域の電力会社から新電力に変わるイメージです。たとえ新電力に変えたとしても、電気の品質や利用の仕方などが変わることはありません。

電力会社の切り替えに工事も原則必要ありません。


主な電力小売り業者

既に自由化されている別高圧・高圧電力の販売量が多い業者や、消費者に身近な通信会社を中心にまとめてみました。まだ具体的なメニューや料金プランなどが出ている業者は少ないです。

エネット 
F-Power
ENEOS電気
auでんき(KDDI)申し込み開始時期未定
ソフトバンクの電気 申し込み開始時期未定
丸紅新電力2016年1月申し込み開始予定

3. 電力小売り自由化で電気料金は安くなるの?

電力自由化により電気料金は安くなるでしょうか。

身近な例で考えれば、今まで駅前に美容室が1つしかなかったのに、新たにもう1店舗開業したら、競争が起こって、お互いメニューを充実させたり、料金を安くしたり、顧客サービスを改善しようとしますよね?

それと同じように、電力小売り自由化によ電力会社間で競争が起こり、電気料金の値下げであったり、料金プランが多様化したり、メリットを享受できる可能性はあるでしょう。

現時点では各会社の料金プランが出そろっていないので何とも言えないのが現状です。

諸外国の事例を見ると、既に電力自由化が導入されているイギリス・フランス・ドイツなどの国では電力料金が上昇する傾向にあります。

よって日本の電力料金も上がってしまうのでは?という懸念もあります。とはいえ、電力小売り自由化は既に決定してしまったので、電力を消費する側として賢い選択は、自分の店舗にとってお得な電力会社を選択することです。


エキテンマガジンでも電力自由化の情報を今後も取り上げていく予定ですので要チェックです!



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。