大手に対抗!個人料理教室が生徒を集客するポイント!

大手に対抗!個人料理教室が生徒を集客するポイント!

料理教室の集客方法とは?

結婚に向けて料理が上手くなりたい、とか1人暮らしを始めるからリーズナブルな自炊ができるようになりたいという人まで、料理教室に通う理由は様々です。

料理教室に通いたいと思う人に、自分の教室を知ってもらい、実際に通ってもらうためにどのような対策をするべきでしょうか?この記事では料理教室の集客方法を解説します。


生徒が料理教室を選ぶ基準

生徒が料理教室を選ぶ際には以下のような基準があります。

・教わる料理の種類
和食か、洋食か?スイーツ系か?など、どのような料理を作りたいかは大切な要素です。

・料理教室のアクセス
社会人の場合、仕事帰りに通えたり、家から近いことは料理教室を選ぶにあたり大きな要素です。

・クラス分け
料理初心者は初心者同士基礎から教わりたいと思いますし、ある程度経験のある人は初歩的なことは不要と考えています。最低限初心者・中級者程度のクラス分けはしておきましょう。

・生徒の性別
料理教室は、女性の方が多いというイメージがあるため、男性1人では申し込みにくいと考える人もいます。「男性専用レッスン」「女性専用レッスン」などを用意する料理教室もあります。

・口コミ、評判、講師の質
インターネットで講師の口コミや評判を調べて参考にする人も多いです。特に若い人はその傾向が強いでしょう。ネットを使って積極的に情報発信していく必要があります。

・料金システム
1回あたり〇〇円、という料金システムなのか、入会金が発生したり、回数制のシステムなのか、どういう料金システムになっているかも考慮要素の1つです。


大手料理教室チェーンの料金システム

料理教室には個人で経営しているもののほかにも、東京ガスクッキング、ABCクッキング、ベターホーム、クックパッド料理教室などがあります。

まずは料理教室大手のこうした企業がどのような教室を開いているのかを知り、自らの料理教室の方向性を考えていきましょう。(以下でご紹介する料金システム・プランは2016年9月14日時点の情報です。最新情報はご自身でご確認ください)

東京ガスクッキングは参加費0円で主婦、OLはもちろん子供との親子参加、男性の参加や個人参加、グループ参加までだれでも気軽に参加できることで人気を集めています。継続的に通うのではなく一回ごとの参加式なので時間が合う時だけ気軽に参加できるという気軽さが特徴です。

大型商業施設などで運営しているABCクッキングは基礎クラスが57000円(12回・有効期限18カ月)+入会金12000円と料金は若干高めのイメージですが、豊富なメニュー展開と基礎からマスターコースまでのコースが充実しており、少人数制で確実に料理の腕を上げる教室として人気を集めています。

「”すぐに役立ち、一生使える料理の基本”が習えます」をキャッチコピーとするベターホームは、初心者向けの半年クラス(6回)が21900円+入会金3000円となっています。

レシピ検索サイトでお馴染みのクックパッドは料理教室も運営しています。クックパッドの審査を通過した日本各地の先生から料理を教わることができます。入会金は0円で、レッスン料はその都度支払いするシステムとなっています。

クックパッドの料理教室サイトで気になるレッスンを選び、一回ごとに参加することが可能です。価格も材料費を含めて4800円に設定されている教室がほとんどですが、一部割引がされている教室などもあります。


個人の料理教室はどのようにして集客するか

大手料理チェーンでは幅広い年代やファミリー層、男性などターゲットを広げたり、コースを豊富に用意する、入会金を0円にする等の施策で顧客を獲得していることがわかりました。

これらを踏まえて個人で料理教室を開業・経営する場合、どのような集客戦略を立てるのが良いでしょうか。

大手に対抗する1つの手段として、大手の教室の戦略とは逆に、ターゲットを絞る方法が考えられます。他の料理教室との差別化を図るためにも、料理教室の地域性や講師の経験・職歴なども考慮しながら教室の1番の強みを前面に打ち出すことが大切です。資格やコンクールの受賞経験がある場合は必ず明記しておきましょう。

また、料理の場合言葉に加えて視覚に訴えることが可能なので、サイトの立ち上げやパンフレット作成の際は、講師の写真や授業風景の写真、料理の写真、教室内の様子などを多用して華やかさを出しましょう。

会費や材料費など必要な情報もしっかり明記する必要があります。初心者でも参加しやすいように、分かりやすい料金プランにしましょう。

また、いきなり高額な入会金や会費を払うのは利用者にとって不安や負担も大きくなります。長く通ってもらうためにも適切な料金設定を行うことが大切です


インターネットを最大限に活用した集客方法を実践する

ここからは特に重要なインターネットを使った集客方法についてご紹介します。

なんといっても料理は「SNS映え」する写真が撮影できるので、InstagramやFacebook等のSNSは積極的に活用していきたいところです。いこまゆきこお料理教室さんのように、料理の写真やブログの記事を積極的に発信してきましょう。

また、現在は申し込み受付停止中ですが、クックパッド料理教室にも登録するのも良いでしょう。クックパッドの審査に通過する必要はありますが、大手レシピサイトからのユーザの流入が期待できます。

さらに、口コミサイトを使った集客も有効です。料理教室が掲載できる口コミサイトとして、エキテン口コミ検索ネットクスパケイコとマナブなどがあります。第三者からの口コミは、料理教室から情報を発信するよりも客観的な情報であり、生徒の信頼を得やすいという特徴がありますので、口コミ収集も意識してみると、ウェブからの集客力が高まるでしょう。


まとめ

生徒が料理教室を選ぶ基準はさまざまです。大手の料理教室もある中で、個人の料理教室が集客するためにはあえて集客ターゲットを絞る、といった思い切った施策も必要です。

また、集客力を高めるために、「写真」を積極的に活用していきましょう。特にInstagram等のSNSにおいて料理の写真は拡散されやすいという特徴があります。また、口コミサイトに登録して、集客の間口を広げていくことも大切です。

全国100,000店舗以上が登録するエキテン無料店舗会員への登録はこちら



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。