資金繰りの考え方を理解して黒字倒産を回避する方法

資金繰りの考え方を理解して黒字倒産を回避する方法

資金は事業における血液

経営者として事業を行う上で様々な事象を理解することが求められますが、「資金は事業における血液」とよく言われるように、資金繰りについて経営者として把握しておくことは必要です。

赤字が続くと返済が滞り、倒産になる、いずれ事業が立ち行かなくなる、ということは理解しやすいと思いますが、実は事業が黒字でも倒産してしまうことがあります。いわゆる「黒字倒産」です。この記事ではなぜ黒字倒産が起こるか、黒字倒産しないために経営者としてどう対処するべきか、などを解説します。


黒字倒産とは

事業を運営する場合、資金繰りは大切です。売上がどんどん伸びて利益が最高益を更新している状態であっても、支払いができなくなった瞬間に、企業は倒産に向かって落ちていきます。黒字倒産とは、利益が出ているにもかかわらず倒産してしまうことです。

多くの場合、支払い資金のショートが原因で黒字倒産が発生します。つまり、帳簿上は売上も利益も出ているのに、手元に支払いを行うための資金がないことによって、黒字倒産が発生するのです。

では、利益が出ている状態で、なぜ手元の資金が足りなくなってしまうのでしょう?黒字倒産の仕組みを理解するためには、まず、事業経営における資金の流れを知っておく必要があります。

店舗経営の場合、基本となる商売のサイクルは、商品の仕入を行い、少し後でまず仕入代金の支払いが発生、その間に商品が売れ、最後に売上代金を回収するという流れが繰り返されます。そうなると、売上の代金回収は仕入代金支払いのずっと後になってしまいます。

また、売上が増加すると人員を増やしたり設備投資を行ったりしますが、その効果が売上増加につながり資金回収できるまでにもタイムラグが発生してしまいます。売上増の資金が回収できる間の給料や投資の支払いは資金減少の要因となります。

そのため、売上が伸びるとどうしても資金が不足しがちになるのです。適切な資金繰りを行っていないと、手元の資金で支払の手当てができず黒字倒産してしまいます。


資金繰りの考え方

資金繰りという言葉と聞くと何やら難しそうだと感じる人も多いかもしれませんが、資金繰りを理解すること自体は簡単です。単純に、収入がどのタイミングで、金額はいくら入ってきて、支出はいついくら支払うかを時系列で整理し、それぞれのタイミングで手元の資金(当座預金・現金)の残高がどう変化するのかを管理するのが資金繰りです。

もし、いずれかの支払いのタイミングで、現金も当座預金も残高がなくなってしまえば支払いができず、取引先の信用を失うことになります。これが繰り返されれば取引する相手が無くなり倒産してしまうでしょう。また、手形の不渡り等を出して銀行取引ができなくなっても、実質的に倒産状態に陥ります。

資金繰りの考え方にはポイントが2つあります。1つは、数か月から1年程度の期間の資金繰り予想を常に行い、資金が不足するタイミングで確実に融資が受けられるように準備をしておくこと。

そして2つ目は、資金が入ってくる時期をできるだけ前倒しにし、支払い時期をできるだけ後ろに伸ばして運転資金の改善を図る、つまり売掛金の回収期間はなるべく短くし、買掛金の支払い期間はなるべく長くすることです。

例えば、得意先の締日までに売上を上げる、無駄な在庫を持たないように仕入量を必要最小限に抑える等の対策を行うことで運転資金の改善ができるでしょう。


資金繰り表の作り方

では、実際に実務で資金繰りを行うにはどうしたらいいのでしょう?まず、資金繰り表を作成することから始める必要があります。資金繰り表は、実績集計だけでなく、数か月先までの予測ができるように集計欄を作成するのがポイントです。

以下に個人事業主への小規模融資も取り扱っている日本政策金融公庫が公開している資金繰り表のフォーマットをご紹介します。今資金繰り表を使っていない人は、この資金繰り表のフォーマットを利用しても良いでしょう。

▽日本政策金融公庫 中小企業事業の資金繰り表はこちら

例えば、横軸に年月を入れ、縦軸に売掛金回収、現金売上回収、そして手形回収などの収入と、仕入代金の現金支払、買掛金の現金支払、給与支払、その他経費支払等の支出項目を入れるようにします。直近の1か月については、資金の出入りが集中する5日単位の資金繰り表を作るという手段もあります。また、表の1番下の行で、収入と支出の差額である収支と、当座預金・現金残高を表示します。

収入欄には、売上をそのまま入れるのではありません。あくまで資金回収がある月に数値を記入するのです。支払いについても同様です。家計簿と同じだと考えてみるとわかりやすいでしょう。実績の入力はもちろん必要ですが、売り上げ予測や仕入予測から将来の入金と出金の予定を入力して、将来の手元資金の過不足を確認することが重要です。


まとめ

資金繰りの把握を行うことによって、必要なタイミングで手元の資金を確保し、黒字倒産を免れることができるようになるはずですが、資金繰りを行うことのメリットはそれだけではありません。

資金繰りの改善策を考えることは、そのまま、その店舗の経営基盤の強化に直結します。無駄な在庫を持たない経営は、資金繰りが楽になるだけでなく、売れ残った在庫の廃棄リスクを抑える効果もあります。資金繰りの改善策がそのまま利益アップの対策になることは珍しくありません。

店舗の経営者は、損益計算書で利益を確認することも大事ですが、同じぐらい資金繰り表も重要視して経営を行うといいでしょう。そういった姿勢で臨めば、黒字倒産を回避できるようになるはずです。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。