英語で接客できたらかっこいい!【飲食店編】

英語で接客できたらかっこいい!【飲食店編】

英語で接客できるメリットは大きい

近年、訪日外国人数は著しく増加しています。年間の訪日外国人数は2年前の2013年に1000万人を突破したばかりですが、今年はその倍の2000万人を超えるかも、と言われています。

何気なく街を歩いていても、お店の掲示やメニューの外国語表記は簡単に見つけることができますよね。空港の外でも、免税店であることを示す「Tax-free Shop」のマークをよく見かけるようになりました。各地で外国人客を迎え入れる体制の準備に拍車がかかっているようです。

ご自身が接客のお仕事をされている方も、「最近、外国人のお客様が増えたな~」と思っている方、多いかもしれません。皆さんは、外国人のお客様にどのように対応していますか?

外国人のお客様、それぞれの母語で接客できたらとてもかっこいいですがそんな天才はなかなかいませんよね…。そのため、今回は世界共通語といえる英語の接客時に使えるフレーズをご紹介します。飲食店を想定したフレーズ集ですが、他形態の店舗でも使えるものがありますでの、ぜひチェックしてみてください。

ご来店時に使える接客英語

【いらっしゃいませ】
「いらっしゃいませ」は私たちにとって馴染みのフレーズですが、残念ながら英語には全く同じような意味の挨拶表現はありません。そのため、外国人のお客様がいらっしゃった時の挨拶は、
Good morning.
Good afternoon.
Good evening.
で問題ありません。
英語圏に旅行に行った際に、スーパーのレジなどで”How are you?”と挨拶された経験をお持ちの方も多いかもしれませんが、この場合の”How are you?”は定型的な表現になります。英語を習い初めの頃に教科書にあったように”I’m fine thank you, and you?”と答えることは実は少なく、ネイティブたちの間では”Good”などと短く答えるケースが多いです。店員さんとお客様が出会った時の定型表現になるので、位置付けとしては「いらっしゃいませ」に近いかもしれません。


【何名様でしょうか】
How many ?
How many person?
How many seats do you need?

【禁煙席と喫煙席、どちらになさいますか?】
Do you smoke?
Smoking or non-smoking?
Would you like a smoking or a non-smoking table?

【少々お待ちください】
Just a moment, please.

満席なので、お待ちいただけますか?
We are full at the moment. Would you mind waiting?

列に並んでお待ちください。
Hold the line, please.

おかけになってお待ちください
Please be seated and wait for a moment.

【お待たせいたしました】
Thank you for waiting. Your table’s ready.

【こちらへご案内します】
This way, please.
Follow me, please.


注文からお召し上がりまでの接客英語

【ご注文はお決まりですか?】
Are you ready to order?
May I take your order?

【ご一緒にお飲み物はいかかがですか?】
Would you like something to drink?

【ご注文は以上でよろしいでしょうか】
Anything else?
Is that all?

【かしこまりました】
Certainly.
Sure.

【(料理を運びながら)お待たせいたしました】
Here you go.
Here you are.
「どうぞ」という感覚で、上記のフレーズを使ってもいいですし、そのお料理のメニュー名を言いながら、お料理を提供しても大丈夫です。

【お皿が熱いのでお気を付けください】
Please be careful with the plate. It’s very hot.

【ごゆっくりどうぞ】
Enjoy.
Enjoy your lunch / dinner.
Enjoy your meal / drink.
提供するものに応じて、”Enjoy your ~”に続く部分を変えて使うことができます。

【お済でしたらお下げいたします。】
May I / Shall I take these dishes?
Let me take your plates.
Are you finished (with this)?
Have you finished?

【ラストオーダーですが・・・】
We are taking last orders. Would you like to order anything else?


お帰りの際の接客英語

【お会計はレジでお願いします】
Please pay at the cashier.
Pay at the cash register, please.
海外では、簡易的なレストランであってもテーブル会計が一般的な国が多いです。お客様からテーブルで会計を頼まれてしまったり、カードを差し出されてしまったとき、もしテーブルでの会計処理が難しいようであれば、次のようにレジにご案内しましょう。

【お会計が3,000円でございます。】
Your total is 3,000 yen.

【お支払いはご一緒ですか、別々ですか?】
Would you like to pay all together or separately?

【(クレジットカード払いの場合)暗証番号のご入力をお願いします】
Pin number, please.

【おつりをお渡しするとき】
おつりです
Here is your change.
2,000円のお返しです
2,000 yen will be your change.

【ありがとうございました】
Thank you. / Good-bye. / Good night.
Have a nice day. / Have a nice evening.
Thank you. Have a good day. / Thank you. Have a good night.


まとめ

いかがでしたか?意外に簡単な表現が多かったのではないでしょうか。英語は日本語よりも接客表現が改まっていないので、短いフレーズで伝えることができます。いつも身振り手振りで何とかしていた…という方も、次に外国人のお客様がいらした機会に、ぜひ使ってみてください。きっとお客様からの好感度も上がるはずですよ。



エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。