• HOME
  • トピック
  • 本格的な花粉シーズン到来!いまだからこそ考えたい居心地のいい店舗づくりのコツ【2019年版】

本格的な花粉シーズン到来!いまだからこそ考えたい居心地のいい店舗づくりのコツ【2019年版】

春先のこの時期、多くの人を悩ますものが花粉症。その原因となる花粉への対策を講じることが、居心地のいい店舗づくりの一歩となる場合もあります。今回は、店舗での花粉対策の3つのコツをご紹介しましょう。

 

春先の関心事といえば、花粉に花粉症!

毎年、立春を過ぎたころから多くの人々の関心を集め、なかには憂鬱なまでに頭を悩ます人を生むのものといえば、そう花粉です。

春先の2~3月に飛散し始める代表的な花粉はスギ、そしてヒノキ。また、このほかにもハンノキやイネ科の花粉なども飛散を始めます。これらの花粉を体内に吸引すると、人によってはアレルギー症状が引き起こされる場合があります。これがいわゆる花粉症です。現代日本では多くの人がこの花粉症に悩まされており、いまや国民病とも言えるものになっています。

花粉症の4大症状と呼ばれるものが、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」。また、このほかにも、せきや頭痛、倦怠感などを引き起こす場合もあります。毎年、これらの症状に悩まされて、春先の花粉シーズンは外出するのも億劫になってしまうという人も少なくないはずです。

 

2019年春の花粉飛散はどうなる?

花粉症の原因となる花粉ですが、今年2019年はその飛散時期や飛散量はどのようになるのでしょうか。一般財団法人日本気象協会が2019年1月17日に発表した「2019年 春の花粉飛散予測(第3報)」では、今年の花粉シーズンについて、「2月中旬に、九州、四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートする」との予測を発表しています。

また、花粉の飛散量(スギ+ヒノキ、北海道はシラカバ花粉)については、例年比で見ると北海道や青森、愛知、奈良、高知などでは少ない、もしくは、やや少ないと予測されている半面、その他の地域では例年並みか例年を上回るとの予測が示されています。特に、中国地方一帯では例年よりも多いと予測されていますので、気を付けておきたいところです。

花粉飛散イメージ図1

なお、全国的に花粉の飛散量が例年よりも多くなった前シーズン(2018年)と比べると、今年は全国的にやや少ない、もしくは、少ないと予測される地域が多くなる傾向があるようです。

花粉飛散イメージ図2

 

花粉シーズンに考えたい店舗づくりの3つのコツ!

3つのポイントのイメージ写真

店舗を運営・経営するうえでは、来店されたお客様にいかに居心地良く、快適に過ごしていただくかというのは重要なポイント。これは接客・サービス・小売り・飲食業などすべての業種・業態に共通するはずです。

花粉が飛散するこれからの時期、花粉症に悩まされるお客様でも快適に過ごせるような店舗づくりに力を入れることは、CS(顧客満足度)向上の観点からも、来店・利用促進の観点からも重要でしょう。そこで以下で、店舗における花粉症対策の3つのコツをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

コツその①:店内の花粉を極力除去する

はじめに取り掛かりたいのが、店内から花粉を極力除去・排除するということです。お客様はもちろんのことスタッフなど、店舗に出入りする人は大勢います。花粉が飛散する時期は、こうした人の出入りに伴って、店内に花粉を招き入れてしまうケースが多いものです。目には見えない花粉だからこそ、店内の清掃を徹底して、極力排除するように心掛けるべきでしょう。

また、エアコンや空気清浄機、加湿器などを稼働させることで店内の花粉を取り除く効果も期待できます。花粉の時期にはこうした機器類のメンテナンスをしっかりと行ったうえで、お客様に快適に過ごしてもらえるように心掛けてみてください。

 

コツその②:花粉対策グッズを提供する

花粉の症状に悩まされつつも、わざわざお店を利用してくださるお客様は大切な存在。ご来店のお客様に対して気配り・心配りを徹底することも大切です。例えば、店頭で使い捨てのマスクを提供したり、ティッシュを提供したりといったちょっとした気遣いが、CS向上につながる場合もあるでしょう。

また、花粉の付着や体内への侵入を防ぐ効果が期待できる花粉対策スプレーやクリームなどの市販商品を店頭に設置して、自由に利用いただけるようにしておくというのもいいかもしれません。

 

コツその③:花粉に関する情報を発信する

本格的な花粉シーズンになると、テレビなどでも花粉の飛散情報などが連日、報じられます。このように、その日、その時間帯、その地域の花粉飛散情報などをお客様や地域の見込み客に対して発信するというのもいいでしょう。ホームページやSNS、メルマガなどを活用し、お客様とのコミュニケーションもかねつつ、こまめな情報発信を行うことが信頼感向上につながることもあります。

なお、花粉の飛散状況などの情報は、環境省の花粉観測システム(愛称:はなこさん)や一般財団法人日本気象協会のウェブサイトなどで確認することができます。こうした情報を参考にしてみるといいでしょう。

※本記事の一部は一般財団法人日本気象協会「2019年 春の花粉飛散予測(第3報)」の内容を加工・編集して作成しています。
※図版提供=一般財団法人日本気象協会

 

関連記事一覧