今さら聞けないフランチャイズの基礎知識!加盟のメリットと注意点

今さら聞けないフランチャイズの基礎知識!加盟のメリットと注意点

フランチャイズに加盟することで、お店に対する信頼やビジネスのノウハウを得ることができます。しかしフランチャイズに加盟したからといって、必ず成功できるわけではありません。今回はフランチャイズに加盟するメリットとデメリット、加盟する際の注意点についてまとめてみました。

 

フランチャイズってどんな仕組み?

フランチャイズとは営業権とともに、販売する商品や店舗、広告宣伝、接客マニュアル、スタッフ管理の方法、その他のビジネスに関するノウハウを提供する事業形態です。営業権やノウハウなどを提供する本部側をフランチャイザー、受ける加盟店側をフランチャイジーと呼びます。フランチャイジーは営業権やノウハウを受け取る対価として、決められたロイヤリティを支払います。

ビジネスをゼロから始めようとすると、短期間で成果を出すのは難しいでしょう。仕入れルートを開拓するだけでも大変な手間がかかりますし、ノウハウや専門知識を得るためにはさらに長い期間がかかってしまいます。でもフランチャイズに加盟すれば信頼のある看板や、商品力、営業ノウハウを手に入れることができるため、スムーズに開業できるという大きなメリットがあるのです。既に成功事例のあるビジネスノウハウで店舗運営ができるため、短期間で成功できる可能性も高いでしょう。

 

本部に支払うロイヤリティの仕組み

フランチャイズに加盟すると実績のあるノウハウを使って店舗を運営できるという大きなメリットがありますが、その対価としてロイヤリティを支払わなければなりません。ロイヤリティの額を決める方式は各フランチャイズ本部によって定められていますが、様々な方法があります。一般的なロイヤリティの方式には次のようなものがあります。

粗利分配方式

粗利に対して決められた割合のロイヤリティを支払う方法で、多くのコンビニチェーンが採用している方式です。

 

売上歩合方式

売上に対して定められた割合のロイヤリティを支払う方法で、最もポピュラーな方法です。ロイヤリティの割合は業種やフランチャイズ本部によってかなり異なります。

 

定額方式

売上や粗利の変動にかかわらず固定のロイヤリティを支払う方法です。売上が増えれば、ロイヤリティの負担率が下がるというメリットがあります。

 

ロイヤリティフリー

加盟金を支払う必要はありますが、月々のロイヤリティは無料という方式です。

 

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズに加盟することには大きなメリットがありますが、デメリットもあります。基本的なフランチャイズのメリットとデメリットは次のとおりです。

フランチャイズのメリット

信頼度の高いチェーン名や商標を使用してビジネスができるため、開店当初から集客しやすいというメリットがあります。その業種の経験がなくても本部のノウハウを学びながら事業が始められるため、短期間での成功につながりやすいでしょう。また本部による宣伝広告、独自の商品開発、低価格での仕入れなど、小規模な個店では受けられないメリットを享受することも可能です。

 

フランチャイズのデメリット

契約で決められた方法でロイヤリティを支払わなければなりません。またフランチャイズチェーンならではの統一性が求められるので、指定された商品以外は扱えないなど自店の独自性を出しにくいという欠点もあります。また休日や営業時間なども決められており、本部が決めた制約の中で営業しなければならないという点もデメリットです。

 

フランチャイズに加盟する前にここをチェックしよう!

フランチャイズに加盟するためには、事前にしっかりと確認しておかなければならないポイントがあります。まず加盟金やロイヤリティなど、どれだけの負担が必要なのかをしっかりと確認しましょう。業種によっては店舗の改装費や什器などの費用負担が必要になる場合もありますので、あわせて確認しておくことが大切です。例えばロイヤリティが粗利の○%という契約の場合であれば、割引販売をした場合はどうなるのか、棚卸しロスはどう扱うのかなど詳細に確認することが重要になります。

特に開業当初はきちんと店舗運営ができるか、売上があがるか、とても不安なものです。本部がどれだけサポートしてくれるのかも事前に確認しておきましょう。加盟契約書は法律用語や専門用語も多くて分かりにくいものですし、違う解釈をして勘違いしてしまう可能性もあります。一言一句をしっかりとチェックして、疑問点があれば理解できるまで何度でも質問しましょう。

 

収益予測もしっかりチェックしよう!

フランチャイズに加盟することでスムーズに開業することが可能です。名の通ったフランチャイズチェーン名に低価格での仕入れ、本部のサポートなどフランチャイズ加盟のメリットはたくさんあります。信頼されている看板と実績のあるノウハウで、開業初日から安定した経営をすることも可能でしょう。しかし加盟金などの初期費用がかかる、毎月のロイヤリティの支払いなどのデメリットもありますし、取扱商品や営業時間など本部の指定通りに営業しなければならないという制約もあるのです。

また開業した後でどれぐらいの利益がでるのかの収益予測もとても大切です。本部から提示された収益予測が甘いものになっていないかもチェックしましょう。どれだけのコストがかかって、どれだけの収益が見込めるのかを把握しておくことが重要なのです。併せてフランチャイズ契約を解約する場合の違約金についても確認しておくこともおすすめします。加盟してから後悔しないように、細心の注意を払って加盟手続きを進めるようにしましょう。

 

market

エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。