クレジットカードに電子マネー…お店の決済手段のメリット・デメリットまとめ

クレジットカードに電子マネー…お店の決済手段のメリット・デメリットまとめ

電子マネー決済やクレジットカード決済など、お客様の支払い方法のニーズも多様化してきました。お客様が希望する支払い方法で決済できないと、せっかくの商機を逃すことにもなりかねません。今回は、各決済方法のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

現金決済のメリットとデメリット

 

現金決済のメリット

現金は、お店にとっては最高の決済方法といえるでしょう。ほかの決済方法では入金されるまで時間がかかりますが、現金払いであれば即時に現金が手元に入ります。また、ほかの決済方法のように申し込んで審査を受けたり、決済のための設備を導入したりする手間は必要ありません。導入コストや手数料などの経費が一切かからないのも、現金決済の大きなメリットです。

 

現金決済のデメリット

現金決済の場合、当然ですがお客様は手持ちの現金以上の買い物をすることができません。そのため、高額な商品を扱っている店舗の場合、クレジットカード決済など、ほかの決済方法に対応していないとせっかくの販売チャンスを逃してしまうこともあります。もし、お客様に不便な店と思われてしまうと、売上に影響することにもなりかねません。また、小銭の支払いやお釣りの受け渡しなどで、レジでの滞留時間が長くなってしまうとほかのお客様に迷惑をかけてしまうことにもつながります。

 

クレジットカード決済のメリットとデメリット

 

クレジットカード決済のメリット

クレジットカード決済の大きなメリットは、高額な商品の販売を期待できることです。手持ちの現金がないから、給料日前だからなどの理由で買い控えるのを防ぐことができます。集客につながるだけでなく、高額な商品が売れることによる顧客単価のアップも期待できるでしょう。また、お客様の中には、カードによってはポイントや航空会社のマイルなどが貯まることにメリットを感じる人も多いと考えられます。お店にとっても、現金の取り扱いが減れば、レジの数字と現金の額が合わないなどというリスクを減らすことができます。

 

クレジットカード決済のデメリット

クレジットカード決済の1番のデメリットは、やはりコストがかかることです。クレジットカード決済に対応するための機器を導入するための初期コストがかかりますし、売上に対しての手数料も支払わなければなりません。決済会社によりますが、手数料は3%~5%くらいのところが多いようです。決済用の端末の費用も決済会社によってまちまちですが、端末費用の分を何らかの形で還元してくれる会社もあります。また、決済会社によっては、手数料のほかに毎月の月額費用がかかる場合もありますので注意しましょう。(詳しくは決済代行会社にお問い合わせください)

こうした各種のコスト以外のデメリットとしては、売れてもすぐに現金が入らないということもあげられます。会社や契約内容にもよりますが、売上から入金まで、2週間~1カ月ほどかかってしまいます。

 

電子マネー決済のメリットとデメリット

 

電子マネー決済のメリット

近年では、電子マネー決済が普及して「Edy」「nanaco」「WAON」「Suica」「PASMO」など、たくさんの電子マネーが流通しています。電子マネー決済の1番のメリットは、レジ処理のスピーディーさでしょう。現金のやりとりをする必要がありませんし、クレジットカード決済のようにサインや暗証番号の入力も必要ないので、レジが混雑するピーク時にもお客様を待たせることはありません。釣り銭間違いのような、現金を扱うことによるリスクも減らすことができます。また、電子マネー決済したいお客様の利便性を高めつつ、お店にとっても顧客データが取得できるのはメリットです。

 

電子マネー決済のデメリット

電子マネー決済にも、クレジットカード決済と同様に導入のための費用や手数料などのコストがかかる、入金されるまで時間がかかるというデメリットがあります。手数料は決済会社や店舗の業種・規模によっても異なるようですが、クレジットカードと同様に数%程度のようです。(詳しくは決済代行会社にお問い合わせください)

また、各電子マネーの互換性が乏しいため、多様なお客様に対応するためには、複数の電子マネーに対応した端末が必要になるのもデメリットといえるでしょう。クレジットカード決済とは違い、高額な商品の購入や顧客単価のアップにはつながりにくいのも、電子マネー決済の特徴です。

 

デビットカードのメリットとデメリット

 

デビットカード決済のメリット

デビットカード決済も、クレジットカード決済のように高額な商品の販売を期待できるメリットがあります。手持ちの現金が少なくても高額な商品を購入することができるので、顧客単価のアップも期待できるでしょう。しかもクレジットカード決済とは違って、すぐに入金されるというメリットもあります。クレジットカードのように入金されるまで時間がかかりませんので、資金繰りも安心です。また、中国の代表的カードである「銀聯カード」もデビットカードです。銀聯カードでの決済に対応することで、中国人観光客の集客効果も期待できます。(銀聯カードについては<こちらの記事>で解説しています)

 

デビットカード決済のデメリット

デビットカードのデメリットとしては、やはりコストがかかることにあります。決済に対応するためには機器を設置するための初期コストが必要になることもありますし、クレジットカード決済に比べるとやや低いものの、売上に対しての手数料を支払わなければなりません(詳しくは決済代行会社にお問い合わせください)。また、デビットカードはクレジットカードや電子マネーに比べると、それほど普及していないのも難点です。

 

自店の集客のために最適な決済方法を導入しよう

コンビニや交通機関を中心に電子マネーを使う人も増えており、東京オリンピックに向けてクレジットカードを利用する外国人客の増加も予想されます。特に、中国人観光客の来店が期待できるお店では、中国人のお財布ともいわれる「銀聯カード」は見逃せないでしょう。また、今回はご紹介していませんが、導入店舗が増えてきているビットコインなどのいわゆる「仮想通貨」も将来的には、決済手段として普及が進む可能性があります。

現金以外の決済方法を導入することで、集客や顧客単価アップの効果が期待できるようになります。今回ご紹介した各決済方法のメリットとデメリットを踏まえて、自分の店舗にはどの決済方法を導入すべきなのかを考えてみましょう。また、同じ決済方法であっても契約する会社によって手数料などの条件も違ってきますので、慎重に検討してください。自店の集客のために最適な決済方法を導入して、集客と顧客単価アップにつなげましょう。

 

market

エキテンマガジン編集部

エキテンマガジン編集部です。集客・販促に役立つ記事から雑学・コラム記事まで幅広く投稿します。