• HOME
  • エトセトラ
  • 中国人の味覚と日本人の味覚の違い 中国人が好む日本料理や味付けとは?

中国人の味覚と日本人の味覚の違い 中国人が好む日本料理や味付けとは?

【本記事は2016年3月18日に公開した内容を再編集したものです】

近年、増加を続けている中国人訪日旅行者。文化的にも習慣的にも、日本人と割と近しい関係にある中国の人々ですが、食べ物の好み・味覚となると、少し話が違ってくるようです。中国人と日本人の味覚の違いと中国人が好む日本料理や味付けについて考えてみましょう。

 

中国人と日本人の味覚は違う?

最近は、日本を訪れる外国人旅行者が大幅に増加しています。なかでも、海をへだてた隣国・中国からの旅行者は顕著に増えており、いまや日本経済にとってなくてはならない存在にまでなっています。

日本を訪れる中国人旅行者の楽しみは、観光にショッピングにとさまざま。なかでも欠かせないのが食事で、日本での食事を楽しみにしている中国人旅行者は少なくありません。ただ、日本と中国は文化も習慣も割と近しい関係なのに、こと味覚においてははっきりとした違いがあるようです。両者の味覚を検証してみましょう。

 

一般的な日本人の味覚

日本人は一般的に繊細な味覚を持っていると言われます。例えば、5つの基本味と呼ばれる甘味(かんみ)、酸味(さんみ)、塩味(えんみ)、苦味(にがみ)、うま味のうち、最後のうま味を発見したのは日本人の池田菊苗さん。近年、世界で認知され、欧米では「umami」として知られるところとなっています。

このうま味の代表格といえば、昆布やカツオなどから取る出汁(だし)が有名です。日本人は古くからうま味をベースとした食文化を大切にしており、欧米の人々などに比べると薄味で繊細な味付けを好む傾向があります。

 

一般的な中国人の味覚

一方、中国人は、しっかりとした味付けを好む傾向があるようです。中国料理を食べる際、日本食に比べて「味がしっかりしている!」と感じる人も多いはず。大豆油やごま油などで調理された濃厚な味わいは中国料理の特徴と言えるでしょう。ただし、中国はとても広い国なので、中国国内でも地域によって味覚や味付けの好みには差があるようです。

 

四大中国料理に見る!地域ごとの中国人の味覚

日本人にとって耳なじみのある中国料理の分類には、四大中国料理と呼ばれる「北京料理」「上海料理」「四川料理」「広東料理」があります。これらが具体的にどういうものなのか見てみましょう。

 

豪華で濃厚な北京料理

中国の首都・北京で誕生したと言われる料理。清の時代に北京に首都が置かれて以降の宮廷で食べられていた宮廷料理などがベースとなっています。また、北京は日本の青森県と同じくらいの緯度の寒い地域なため、体を温めるためにもしっかりとした濃厚な味付けの料理が多い傾向があります。「北京ダック」や羊肉を使った「火鍋」などがその代表です。

北京ダック

 

魚介を使ったさっぱり系の上海料理

臨海部の大都市・上海を中心に親しまれている料理。大河・長江の河口も近いため、新鮮な魚介類を使った、割とさっぱりとした味付けの料理が多いのが特徴です。「上海蟹」や「小籠包」などが代表的。

小籠包

 

インパクトのある辛さが特徴の四川料理

四川料理は「麻婆豆腐」に代表されるように唐辛子や山椒などを使った、しびれるような辛さが特徴です。「担担麺」のように濃い味付けのものも多い傾向があります。

麻婆豆腐

 

とにかく多彩な広東料理

「食は広州(広東省の中心地)にあり」と言われるほど、多彩で独特なのが特徴。アワビやふかひれといった高級食材をふんだんに使った、素材の持ち味を活かしたあっさりめな味付けのものが多い傾向があります。

ふかひれ

 

中国人が好む日本料理や味付けとは?

日本料理

では、中国人が好む日本料理、または日本料理の味付けとはどのようなものなのでしょうか?

一例としては、寿司や刺身、天ぷらといった、とてもポピュラーな日本料理が挙げられます。これは日本人が「中国料理といえば北京ダックに麻婆豆腐!」と想起するのと同じように、日本を代表する料理であり味覚だからです。訪日中国人旅行者の多くが「日本でぜひ食べてみたい!」と思うもの。

また、これらの料理は味の濃淡を自分で調整できるという特徴があります。ですから、もっと味を濃くしたい、薄くしたいといったさまざまな嗜好にも対応するため、さまざまな味覚を持つ中国人にピッタリな料理と言えそうです。

そしてもう一つ、中国人旅行者に人気の料理が居酒屋メニュー。日本の家庭料理にも近い居酒屋で提供される定番メニューは、お酒と一緒に味わうことを前提にしているため、比較的しっかりとした味付けがなされています。濃厚な味わいを好む傾向が強い中国人には、支持されやすい料理と言っていいかもしれません。

 

関連記事一覧