• HOME
  • インタビュー
  • 令和元年婚と口コミに秘められた指輪物語~エキテン投稿300万件目の“人と店舗”の出会い~

令和元年婚と口コミに秘められた指輪物語~エキテン投稿300万件目の“人と店舗”の出会い~

国内最大級の口コミ・ランキングサイト「エキテン」は、2019年7月30日に累計口コミ投稿数300万件を突破しました。この300万件目の投稿者となったのが山梨県在住の中込遥香さん(写真・右)。実はその口コミには人生でもっとも大切なメモリアル、入籍&結婚にまつわる素敵な物語が――。今回は中込さんと口コミが投稿されたジュエリーショップ・WAI JEWELRY(ワイジュエリー)店長の岡田優子さん(写真・左)に事の次第を伺いました。

 

6年間の交際を経て、元年婚へ

中込遥香さん

新時代・令和が幕を開けた2019年5月1日。この日、山梨で1組の夫婦が誕生します。それが中込遥香さんと啓太さんご夫妻。同い年のふたりは、共通の友人を通して知り合い、学生時代に交際をスタートします。

中込さん「もともと同じ市内に住んでいて、共通の知り合いがいたこともあって、お互いのことは前から知っていました。実際に交際が始まったのは、私が地元・山梨の短大へ、彼が東京の大学に進学した6年前。私は彼より先に卒業して地元で就職、彼はまだ学生だったので『卒業して、就職して、落ち着いたら結婚かな?』って意識していました」

時が経ち、啓太さんが大学を卒業し、山梨で就職。お互い社会人として自立し、生活も落ち着いてきた2018年12月21日、啓太さんがプロポーズします。平成最後の師走に結婚を誓ったふたりは、翌年の新時代が始まるタイミングで一緒になろうと考えます。

中込さん「元号が変わるちょうどいいタイミングだったので、令和になる日まで待って入籍しようって決めました。元年婚、狙ってましたね!(笑)」

中込遥香さん

しかし、入籍間近の2019年4月上旬。中込さんは少し慌てていたそうです。

中込さん「入籍は令和になるその日、5月1日と決めていたんですけど、結婚指輪が決めれないでいたんです。指輪のイメージもなかなか湧かなくて。彼に連れられて東京の有名どころのお店に行ったりもしたんですけど・・・」

4月の下旬には結納が、5月1日には入籍が控えています。困った中込さんはおばあ様に相談。すると、おばあ様の知り合いが働いていた山梨・甲府市内のジュエリーショップ・WAI JEWELRYを紹介されます。

WAI JEWELRY

中込さん「『困っているなら行ってみるといいよ』って、おばあちゃんがお店に連絡してくれて。彼とふたりで見に行くことにしてみたんです」

 

一生ものの結婚指輪「せっかくだから、じっくりと」

岡田優子さん

甲府市内を流れる荒川沿いにあるジュエリーショップ・WAI JEWELRY。創業30年近くを数えるアクセサリーの企画・製造・販売会社、サンルートの直営店として2018年4月にオープンしたお店。そして、来店したふたりに応対したのが店長の岡田優子さん。

岡田さん「4月の中旬頃、中込様のおばあ様からお電話をいただいて。するとすぐに、とても若々しくて、仲の良さそうなおふたりがお店にいらしたんです。指輪を決めかねているということはわかっていたので、まずは当店の製品を見てもらいながら、色々とお話をしました」

結納&入籍まであまり日がなく、気持ちばかり焦る若いカップル。どういう指輪がいいのかイメージも固まってはいません。そんなふたりを見て、岡田さんはオリジナルの指輪を作ってみてはどうかと提案します。

岡田さん「色々とお話を伺ってみると、おふたりとも迷ってはいたものの、やはりこだわりをお持ちのようでした。そこで、『5月1日の入籍に間に合わなくても、ちゃんとこだわって作った方がいいんじゃないですか?』とご提案しました。当店は指輪をオーダーメイドで作ることもできるので、いくつかあるサンプルのなかから選ぶんじゃなくて、デザイン、幅、太さ、つけ心地、全部にこだわった方がいいんじゃないかと思ったんです」

岡田優子さん

この提案は中込さんカップルに刺さります。

中込さん「確かに一生つけるものだし、妥協もしたくないなって思いました。オーダーメイドで作れるんなら、じっくり考えてみて、『これならずっとつけてたい!』って思えるものを作った方がいいよねって、彼とふたりで決めました」

こうして迎えた結納と5月1日には、お店からダミーの指輪を借りて、晴れて入籍。そして、じっくりと、自分たちだけの一生ものの指輪づくりをスタートします。

 

令和元年が刻まれたこだわりの指輪

岡田優子さん

5月に入って、改めてWAI JEWELRYを訪れた中込さん夫妻。納得のいく指輪を作るため、岡田さんと一緒に検討を開始します。

岡田さん「指輪は実際につけてみると印象が違うことって多いんです。いいなと思った厚さや太さのものでも、実際に指につけてみると違和感があったりとか。だから、とにかく店にあるサンプルをたくさんつけていただきました」

中込さん「本当にいっぱいつけて、いっぱい写真も撮りました(笑)。サンプルを端から出してもらって、つけて、外してを繰り返した感じでしたね。はじめは細身のリングがいいなって思ってたんですけど、やっぱりもうちょっと幅があった方がいいかなとか綺麗だなとか、色々なサンプルをつけていくうちに気持ちも変わっていきました」

エキテン口コミ300万件

岡田さん:「おふたりのこだわりを伺いながら、実際にサンプルをつけてもらいながら、太さや厚み、カーブの具合、石の並びとか気に入ったところをピックアップして、どういうものがいいのか探っていきました。そして、要望を踏まえたものを実際にデザインに起こしてみましょうとなったんです」

そして数日後、デザインデータが出来上がります。

中込遥香さん

中込さん「デザインのデータはLINEで何パターンか送ってもらいました。そのなかから旦那さんとどうしようかって相談して決めたんです。リアルタイムでやり取りができて、岡田さんが本当に身近な人に感じられました。確認もしやすかったし、要望も言いやすかったですね」

こうしてふたりは指輪のデザインを決め、再度お店に。実際にデザイン画を見ながら指輪の樹脂サンプルをつけてみると、イメージ通りで即OK。カラーは中込さんこだわりのシャンパンゴールドに決定します。

エキテン口コミ300万件

中込さん「あと、指輪の内側に文字を入れたいなと思っていて。これも色々と悩んだんですけど、字体とかも含めて岡田さんが色々と提案してくださって」

岡田さん:「刻印はレーザーで入れるんですが、『せっかくの令和元年だから漢字がいいんじゃない?』とご提案しました。字体も色々あるなかから、おふたりの好みに近そうなものを3つぐらい選んでご提案しましたね」

エキテン口コミ300万件

こうして、令和元年五月一日の日付とふたりの名前が刻まれた指輪が完成。6月15日の大安に中込さん夫妻の手元に。

中込さん「本当に満足のいく指輪ができました!旦那さんもとても気に入っていて、しょっちゅう眺めたり、さすったりしてます。毎日ルンルンでつけてるんですよ(笑)」

 

口コミでつながる人と人、人とお店との出会い

口コミ300万件

しばらく経った7月30日、中込さんはエキテンのWAI JEWELRYのページに指輪の写真を添えて口コミ(下の画像)を投稿します。これがエキテン累計300万件目の口コミに。

エキテン口コミ300万件

中込さん「色々と相談に乗ってもらいましたし、色々アドバイスもくれました。本当に相談しやすかったし、お店の人っていうか、もっと近い関係の人って思えるぐらい親身になってくれて。ほかにはないこの距離感は、本当におすすめです!」

岡田さん「当店としても、実は中込さんの口コミが第一号目で、私自身、口コミを投稿していただいて本当に嬉しかったです。このお店はオープンしてまだ間もないので、お客様との接し方などで迷っていた部分もあったんですけど、お客様との距離感を近くして、本当の希望や要望を引き出せるようにしたいと思って、いままでやってきました。口コミを見て、『この距離感、この接し方で間違ってなかったんだな、この距離感でやっていこう!』って確信しました」

WAI JEWELRY

中込さんご夫妻はプロポーズ記念日の2019年12月21日に挙式を予定しています。

岡田さん「今回、指輪がきっかけで中込さんととても楽しくお仕事をすることができました。指輪だけでなく、これからも色々な場面でつながっていける、そんな関係でありたいですね。いつでもまた当店に遊びに来てくれるといいなって思っています。末永くお付き合いいただけたら嬉しいですね」

中込さん「いま12月の結婚式に向けて、ウェディングドレスをどうしようか迷ってまして。式に来てくれる友達とかには相談できないことなので、さっそく岡田さんに色々相談しているところなんですよ(笑)」

エキテン口コミ300万件

人生でもっとも大切なメモリアルを彩る結婚指輪――。1組のカップルの指輪づくりにはさまざまな人の想いやこだわり、心温まるストーリーが秘められていました。

暮らしや生活のなかで利用するさまざまな店舗や施設。そのオーナーや店主との出会いは、ときにその後の人生を大きく左右することも。ひとつの口コミがそんな出会いのきっかけになることだってあるかもしれません。

 

関連記事一覧